決済手数料が業界最安水準「3.0%」の飲食店向けクレジットカード決済サービス 『食べログPay』を提供開始

PR TIMES / 2014年5月16日 10時12分

『食べログ』とベリトランスが共同事業

株式会社カカクコム(東京都渋谷区 代表取締役社長 田中 実、東証コード:2371、以下:カカクコム)が運営するランキングとクチコミのグルメサイト『食べログ( http://tabelog.com/ )』とベリトランス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:沖田 貴史、以下:ベリトランス)は、5月16日(金)より、スマートフォンやタブレット端末を使ってクレジットカード決済ができるベリトランスのサービス「VeriTrans mPOS(読み:ベリトランス エムポス)」を利用した飲食店向け決済サービス『食べログPay』の提供を開始いたしました。
『食べログPay』特設ページ:http://tabelog.com/tabelogpay/ 




サービス開始の背景
クレジットカード決済を含む電子決済市場は2012年度の44.6兆円から2017年度には66.4兆円まで拡大すると予測されており*、それにともないスマートフォンやタブレット端末などを使ったモバイル決済サービスの市場拡大が見込まれています。
『食べログ』では、今後、飲食業界においてもモバイル決済サービスの普及が進むことを想定しており、このたびベリトランスとの共同事業で、新たな飲食店向けサービスとして『食べログPay』の提供を始めることにいたしました。
* 出典:矢野経済研究所「電子決済市場に関する調査結果 2013」

『食べログPay』の特長
1. 決済手数料は業界最安水準の「3.0%」
サービス開始記念キャンペーンとして、決済手数料を業界最安水準の3.0%としています*。
(対応カードブランド:Visa、MasterCard )
*キャンペーン期間中にお申し込みいただいた店舗は、キャンペーン終了後も「3.0%」でご利用可能です。
*キャンペーンの終了については『食べログPay』特設ページにてご案内いたします。またキャンペーン期間終了後のお申し込みに適用される決裁手数料率は未定となります。

2. 場所を選ばずにどこでもクレジットカード決済が可能
スマートフォンまたはタブレット端末に、専用アプリをダウンロードして『食べログPay』のカードリーダーをイヤホンジャックに挿すだけで、クレジットカード決済端末として利用できるようになります。飲食店でのテーブル会計や移動販売時の利用など、顧客に対してスピーディーかつスマートな会計サービスを提供できます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング