アジアの中で求人数の増加が見込めるのは「ベトナム」「インドネシア」。 ー 「エン転職コンサルタント」コンサルタントアンケート集計結果 ー

PR TIMES / 2014年3月27日 10時28分

 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』(https://consultant.en-japan.com/)上で、転職コンサルタント237名を対象に「アジアを対象とした求人」についてアンケート調査を行いましたので、以下概要をご報告します。




===================================================
アジアの中で求人数の増加が見込めるのは「ベトナム」「インドネシア」。
市場の成長によるビジネスチャンスの拡大に加え、物価・人件費の安さが背景に。
一方、減少が予想されるのは「中国」「韓国」。
===================================================

■調査結果要約

 転職コンサルタント237名に「アジアを対象とした求人」について聞いたところ、昨年に比べ、東アジア(中国・韓国)の求人は減少し、東南アジアの求人が増加するという回答が得られました。

 理由としては、中国・韓国の物価・人件費の上昇や、日中・日韓関係の悪化などの政治リスクが大きく影響すると考えられるためです。一方、「ベトナム」「インドネシア」は物価や人件費が安いことに加え、比較的治安が良いことから、東南アジアの中でも特にネクストチャイナとして期待を集めています。


■調査結果概要

1:91%の転職コンサルタントが、アジアを対象とした求人が増加すると回答。

 アジアを対象とした求人数について、91%の転職コンサルタントが「昨年に比べ増加する」と回答しました。


2:求人数の増加が見込まれるアジアの国・地域は、「ベトナム」「インドネシア」。
理由は、「市場が拡大しており、ビジネスチャンスが広がっているため」。

 昨年に比べて求人数が特に増加すると見込まれるアジアの国・地域は第一位が「ベトナム」、第二位が「インドネシア」でした。求人数が増加すると見込まれる理由は、いずれも「市場が拡大しており、ビジネスチャンスがひろがっているため」が最も多くなっています。
 また、これらの国は、物価・人件費が安いことや、比較的治安が良いことも、求人数の増加が見込める理由となっているようです。


3:「ベトナム」「インドネシア」において求人数が増加すると見込まれる「職種」は、「技術系(機械・メカトロ・自動車)」。「タイ」では「経営・経営企画・事業企画系」が増加見込み。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング