「2014年卒マイナビ学生就職モニター調査 12月の活動状況」を発表

PR TIMES / 2013年1月17日 12時3分



~ 学生は開始月の上旬から活発に行動し、早くも個別企業との接触段階へ。2013年卒学生と比べ、危機感は薄く、「厳しくなる」が大幅に減少 ~


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、2014年卒業予定の学生を対象とした「2014年卒マイナビ学生就職モニター調査 12月の活動状況」の結果を発表しました。なお、「マイナビ学生就職モニター調査」の2014年卒学生を対象としたモニター調査は、今回が初の発表となります。概要は以下の通りです。


【TOPICS】
前年の2013年卒は、広報活動開始時期の後ろ倒しにより危機感の強い幕開けだったが、12月スタートとなって2年目の今年は学生に焦りの色は薄い。12月の平均エントリー数は前年比1.1社増の43.1社と行動量はほぼ前年並みだが、12月前半に活発だったエントリーや合同企業説明会への参加は後半には落ち着きを見せ、早くも個別企業との接触も進んでいるようだ。また、「先輩と比較して自分達の就職活動は厳しくなる」とした学生が大幅に減るなど危機感も薄まっている。


<調査結果の概要>
■ 12月後半に個別企業セミナーへの参加が増加し、個別企業との接触進む
採用広報活動が12月スタートとなってから今期で2年目となるが、「企業にエントリーした」や「合同企業説明会に参加した」などの活動が9割前後となり、前年同様、学生は活発に動いていたようだ。また業界研究や企業研究、仕事(職種)研究などの行動も前半の方が活発だったことから、短期間で活動準備を進めていた様子が伺える。後半には「個別企業セミナーに実際に参加」や「企業からエントリーシートを取り寄せた」などの行動が前半よりも活発になっており、個別企業との接触も順調に進んでいるようだ。


■ 平均エントリー社数は、ほぼ前年並みの43.1社。12月の就活費用は「交通費・宿泊費」に8,208円、「その他(スーツや書籍など)」に20,879円
平均エントリー社数を見てみると、12月の1カ月間の社数は43.1社(前年比1.1社増)とほぼ横ばいだが、その内訳は前半に26.9社、12月後半に16.2社となっている。一方で個別企業セミナーへの参加社数は前年比0.5社増の3.6社となり、特に12月後半では2.3社と前半の1.3社から目立って増加している。活動の割合と同様に個別企業との接触など具体的な活動の量も順調に増えてきているようだ。また、12月の就活費用について文理男女別に見てみると、文系男子で「交通費・宿泊費」が10,090円(全体8,208円)、「その他(スーツや書籍など)」が25,410円(全体20,879円)といずれも最も高かった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング