経済産業省指針に基づく「DX認定」をTATERUが取得

PR TIMES / 2021年3月2日 18時15分

株式会社TATERU(本社:東京都渋谷区/代表取締役CEO:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)は、情報処理の促進に関する法律第31条の規定により、経済産業大臣よりDX認定制度の認定事業者に選定されましたので、お知らせいたします。



◯DX認定制度とは(独立行政法人情報処理推進機構:IPA発表資料より)
DX認定制度とは、2020年5月15日に施行された「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」に基づく認定制度です。本認定制度では、国が策定した指針(*1)を踏まえ、優良な取組を行う事業者を申請に基づいて認定します。

(*1)企業経営における戦略的なシステムの利用の在り方を提示したものであり、本指針の策定は、情報処理の促進に関する法律に基づいています。
詳しくは独立行政法人情報処理推進機構:IPAのサイトをご確認ください。
https://www.ipa.go.jp/ikc/info/dxcp.html

本制度の認定事業者一覧
https://www.ipa.go.jp/ikc/info/dxcp-list-202103.html

◯認定のポイント
当社はコアコンピタンスであるITの開発力を活かして、Residence kitによる不動産業界の業務フローの改善や、顧客利便性の向上などに取り組んでまいりましたが、昨今の外部環境変化による本格的なDX需要の到来により、様々な企業よりDXコンサルティングのご依頼を受ける状況にございます。今後もこうした時代の変化を踏まえて、AI・IoT事業を「重要かつ戦略的な分野」と位置付け、ITの開発力をより一層強化、特定の業界のみならず、様々な企業や顧客に対するDX総合支援サービスを開始することで、より本格的なテック企業として進化を図っていると評価され認定されました。当社は引き続き「くらしに価値を。」という経営理念のもと、テクノロジーを通じ、世の中の期待に応え、人々の暮らしが豊かになる世界の実現を目指してまいります。

[画像: https://prtimes.jp/i/4078/321/resize/d4078-321-775014-0.jpg ]

株式会社TATERU概要
社名      :株式会社TATERU
設立      :2006年1月23日
資本金     :72億96百万円
代表取締役   :古木 大咲
本社      :〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-4-14-2F
主な事業内容  :AI・IoT事業/ PMプラットフォーム事業/不動産コンサルティング事業
主な子会社   :株式会社 Robot Home/株式会社 TABICT/株式会社 サナス
ウェブサイト  : https://corp.tateru.co/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング