『食べログ』、「増税後の外食費」に関する調査結果より追加レポートを発表(回答者数:11,773人)

PR TIMES / 2014年5月27日 15時25分

グルメ情報の拡散にはSNS積極活用派の取り込みがポイント!? グルメへのこだわりが強い人はファッション、流行感度も高い傾向

株式会社カカクコム(東京都渋谷区 代表取締役社長 田中 実、東証コード:2371、以下カカクコム)が運営するランキングとクチコミのグルメサイト『食べログ( http://tabelog.com/ )』は、サイトユーザーに、消費増税と外食費に関するアンケート調査を実施し、その結果を4月28日に発表致しました。

※4月28日発表『食べログ』、「増税後の外食費」に関する調査結果を発表
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000318.000001455.html
今回は、番外編として、普段のライフスタイルと外食消費の傾向をもとに、消費増税への対応や外食・グルメへの感度の違いについて追加レポートをご案内します。




◆“SNS積極活用派”はグルメ情報の拡散役
日頃の外食・グルメに関する志向を聞いた設問において、TwitterやFacebookなどSNSでの情報発信を行っている、“SNS積極活用派”(3,484人)と、それ以外の人(8,289人)の回答を比較したところ、前者の方が、外食・グルメへのこだわりがより強い様子がうかがえました。“SNS積極活用派”は、それ以外の人に比べて、「自分の中で、他人に自信を持ってオススメできるレストランがある」「友人や同僚から、美味しいレストランの情報についてよく聞かれる方だ 」「急に外食の予定が入った時も、しっかりとお店選びをする方だ」「お店で食事をする際、出てきた料理の内容(素材や味付けなど)について話をする方だ」といった、グルメへの感度の高さを感じさせる項目の割合が15ポイント以上高い結果となりました。その中でも、「グルメに詳しい人のブログやSNSをチェック・フォローしている」という項目では、20ポイントの差が開きました。“SNS積極活用派”は、自らがSNSで情報発信するだけでなく、SNS上から能動的に情報を仕入れることにも熱心であり、グルメ情報の受発信、拡散においても一定の影響をもった存在といえそうです。

◆消費増税で外食費削減は「一回3,000円/人」未満層。5,000円以上層では影響軽微
消費増税によって外食費を減らす意向を持っているのはどのような人たちなのか。外食シーン別の一回当たりの支出額区分によって見ていくと、「1,000~3,000円未満層」と「5,000円~8,000円未満層」で差があることがわかりました。「1人3,000円未満層」では「同性の友人との外食・飲み会」において「かなり減らす」「少し減らす」の合計が46.4%、同様に「会社の同僚との外食・飲み会」においても同層は45.1%、「異性の友人を含む外食・飲み会」でも46.4%と、およそ半分弱の人が削減意向を持っているのに対し、「5,000円~8,000円未満層」ではそのいずれのシーンにおいても削減意向は25%未満、「特に変わらない」とした人が約75%と、今回の消費増税の影響をそれほど意識していないことがうかがえます。

◆「美味しい食事のためなら、価格や場所は選ばない」”グルメ探求派”は、ファッションや流行への感度も高く、ハイセンスな高額消費層
アンケート回答者(11,773人)のうち、「美味しい食事のためなら価格や場所は選ばない方だ」という、食へのこだわりが非常に強い人たち”グルメ探求派”(2,519人)についてライフスタイルの志向などを探ってみました。すると”グルメ探求派”は「モノやサービスを購入・利用する際には、自分なりのこだわりを持って選びたい」(65.7%)、「交際範囲が広い方だと思う」(33.2%)、「多趣味な方だと思う」(44.5%)、「世の中の流行には敏感な方だ」(34.7%)という項目で、”グルメ探求派”以外の回答者の比率を15ポイント以上上回るという特徴的な差が表れました。外食支出額についても、約3人に1人が「家族や恋人など、大切な人との記念日の外食(夜)」で「1人10,000~20,000円未満」を支出し、中には「20,000円以上」という人も11.4%存在していることから、”グルメ探求派”は、グルメとライフスタイルの感度の高さが相関するハイセンスな高額消費層であることがうかがえます。

【調査パネル】
調査エリア:全国 調査対象:食べログ ID登録ユーザー
調査方法:メールマガジンによる調査 回答者数:11,773人(男性7,257人、女性4,516人)
調査期間:2014年4月4日~2014年4月7日
調査実施機関:株式会社カカクコム
※四捨五入による端数処理のため、合計が100%にならないことがあります。

『食べログ』概要
“信頼のできるレストラン選び”をコンセプトに2005年3月開設。ユーザーから寄せられたクチコミと点数評価から、独自に設けたロジックでレストランランキングを算出し、提供しています。
『食べログ』点数算出方法について: http://tabelog.com/help/score/
【食べログデータ】(2014年3月末現在)
掲載レストラン数:約77万件、クチコミ投稿数:約522万件、写真投稿点数:約1,966万点
月間総PV:13億3,311万PV、月間利用者数:5,748万人(<内訳>PC:2,519万人、スマートフォン:3,086万人、フィーチャーフォン:144万人)
▼『食べログ』SNS公式アカウント
Facebook : http://www.facebook.com/tabelog
Twitter : http://twitter.com/tabelog

【データの引用・転載時のクレジット表記について】
本調査結果の引用・転載の際は、必ずクレジットを明記くださいますようお願い申し上げます。
クレジット表示例
・「食べログ」調べ
・ランキングとクチコミのグルメサイト「食べログ」が実施した調査によると…

【報道に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム 広報室  E-mail:pr@kakaku.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング