グローバルSEO(検索エンジン最適化)ソフトウェア市場-タイプ別、アプリケーション別、地域別、傾向、分析、予測2029年

PR TIMES / 2020年9月10日 19時45分

Kenneth Researchは、2019 - 2029年までの予測期間の詳細な分析と業界の洞察で構成されるグローバルSEOソフトウェア市場に関するレポートを2020年9月10日に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。グローバルSEOソフトウェア市場は 2019 - 2029年の予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予測されます。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-seo-software-market/10225739




[画像: https://prtimes.jp/i/59861/326/resize/d59861-326-959788-0.jpg ]


SEO(検索エンジン最適化)は、Googleなどの検索エンジンによるすべての結果の中で、サイトまたはコンテンツがWebサイトの検索リストで上位にランク付けされるようにするプロセスです。特定のキーワードを検索する最初の三つのランキングの投稿に表示されます。これにより、Webサイトへの訪問者の数を増やし、サイトまたはコンテンツを人気にすることができます。SEOは最も効果的なマーケティング戦略の一つであり、製品またはビジネスの可視性を作成し、会社のブランドイメージを形成するのに役立ちます。SEOアプローチは、ビジネス組織に信頼性を提供し、マーケティングと広告への投資収益率を向上させるため、ほとんどの組織の間で注目を集めています。

さまざまな中小企業(SME)と大規模組織には、トラフィックの監視と管理を専門とするSEO部門があります。SEOソフトウェアは基本的にあらゆるビジネスに適したソリューションです。また、キーワードを特定して整理し、検索ランキングを強化してサイトのトラフィックを獲得するための戦略を計画することができます。

製品に基づいて、SEOソフトウェア市場は(モバイルベースとデスクトップベース)に分類されます。アプリケーションに基づいて、SEOソフトウェア市場は(個別の企業および政府機関)に分類されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

世界中の多くの情報技術(IT)組織の間でのSEOソフトウェアの採用の増加は、予測期間中にグローバルSEOソフトウェア市場の成長を牽引すると予測される主要な要因です。さらに、手動のキーワード調査の仕事をなくすためにSEOソフトウェアの採用を増やし、検索を最適化するためのより高速キーワードを提供します。これは、世界市場の成長を後押しすると予測されるもう1つの要素です。さらに、ビジネスのブランド認知を構築し、低コストで顧客ベースを拡大し、投資収益率を高めるためのビジネスプロセスにおけるSEOソフトウェアの需要の増加は、世界市場の成長を牽引すると予測される要素です。

[アジア太平洋地域(APAC)のSEOソフトウェア市場は、予測期間中により高いCAGRを記録する]
北米のSEOソフトウェア市場は、大きな収益シェアを記録すると予測されています。さまざまなIT組織での高度なテクノロジーの採用の増加と、米国やカナダなどの国での著名なソフトウェア開発企業の存在が、北米の市場の成長を支えていると推定されています。アジア太平洋地域(APAC)のSEOソフトウェア市場は、予測期間中により高いCAGRを記録すると予測されています。技術の進歩の増加、さまざまな組織にわたるビジネスプロセスの自動化の必要性の増加、インドや中国などの国での経済発展は、アジア太平洋地域の市場の成長を支えると推定される要因です。

このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバルSEOソフトウェア市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバルSEOソフトウェア市場における業界のリーダーはBrightEdge Technologies, Inc.、 Conductor LLC、Linkdex Ltd.、SpyFu、Yext, Inc.、WordStream, Inc.、 G2 Crowd, Inc.、Moz, Inc.などです。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10225739

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

地理に基づいて、市場は以下の地域に分割されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング