1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

エシカルなアップサイクル着物を展開する「GALLERY SHILI tokyo」をはじめ フェミニンなレース着物など、日常で楽しむ着物や、存在感を放つ振袖が登場!

PR TIMES / 2021年12月22日 19時45分

日本初上陸のブランドを揃えた京都発のコンセプトストア「CONCEPTSTORE PERMANENTE」や、200点以上の絵画を出展しカスタムオーダーライブペインティング等が展開される「monet2022」が期間限定オープン!




このたび、ラフォーレ原宿では、1月3日(月)から 1月30日(日)の期間、着物・振袖の POP UP SHOP を開催いたします。着物スタイリスト、着物系YOUTUBERとして活動する「うさこま」による「アンティーク着物屋うさぎ小町」をはじめ、日常のファッションに溶け込むコーディネートの提案をする「大塚呉服店」や、現代物とアンティークという時代を超えたコーディネートが楽しめる「雅星本店」、さらにレース着物をはじめとして、フェミニンなアイテムを揃えている「MIKI SAKURA」など注目の人気ショップが登場。また、新しい時代の着物を表現し続けるブランド「iroca」が展開する新しい色を生み出すリミテッドショップ「ν:iroca」やアートの世界で活躍した韓国出身のデザイナーパク・ドウニが手掛けたアップサイクル着物を展開する「GALLERYSHILI tokyo」などラフォーレならではの個性豊かな着物や振袖を展開する全6ショップが集結いたします。2Fには特設フォトスポットも展開します。

また、 1月5日(水)~1月31日(月)の期間は、日本初上陸のブランドを揃えた京都発のコンセプトストア
「CONCEPTSTORE PERMANENTE」が限定オープンし日本初上陸のアイテムを多数展開いたします。さらに、1月21日(金)~1 月30日(日)の期間は、絵画の展示や販売、オークションなども展開する体験型ショップ「monet2022」も登場いたします。

ラフォーレ原宿に集結する最新アイテムや着物にご期待ください。

<着物POP UP SHOP>
■2022.1.3(Mon) – 1.16(Sun)   2F CONTAINER
大塚呉服店(オオツカゴフクテン)
 大塚呉服店は、「きものが着たくなる呉服店」をコンセプトに、日常のファッションとして楽しむきものを提案する呉服ブランドです。店頭では斜めストライプ新色が数量限定で登場。また、大好評のリボン作家mYmIとのコラボコーナーが今年も販売され、限定のリボン草履などのアイテムを販売いたします。
 さらに、お好きな台と鼻緒を選べるお履物BARを開催。カラフルなサンプル台と鼻緒の中からお好きな組合せをお選びいただけます。ご注文が入ってから職人さんが1足ずつ丁寧に製作される為納期2か月かかりますが、あなただけのお草履をオーダー出来ます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-e103f4bd9df4c45c9aff-0.png ]


■2022.1.12(Wed)– 1.30(Sun)  2F CONTAINER
MIKI SAKURA (ミキサクラ)
 「MIKI SAKURA」では、美しいkaoriに包まれた凛とした女性をコンセプトに身に着けるモノをプロデュースし、レース着物・帯など、女性なら心ときめくアイテムで溢れるブランドです。
 ショップでは、簡単につけられる作り帯や、レース着物などのフェミニンな新作アイテムを多数展開。アーティストブランドや作家によるヘッドドレス・かんざし・カチューシャ・裾除けなどの一点もののアイテムが期間限定で揃います。
 さらに期間中、レース振袖や袴の受注も可能となっています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-065ad9e6042b07e64ec6-1.png ]


■2022.1.17(Mon) – 1.30(Sun) 2F CONTAINER
アンティーク着物屋うさぎ小町 (アンティークキモノヤウサギコマチ)
 
[画像3: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-c4d96679b24139d9061e-12.jpg ]

 「アンティーク着物 屋うさぎ小町」は、着物スタイリスト、着物系YOUTUBERとして活動する「うさこま」が経営する、プチプライスでレトロモダンなアンティーク着物・リサイクル着物とハンドメイド雑貨のお店です。自宅でお手入れがしやすい着物を中心に、カジュアルテイストな着物や帯を多数揃えております。
 ショップでは、自宅でお手入れ簡単なウールやポリエステルなどのリユース着物をはじめ、着物に合うベレー帽やアクセサリーなどのファッション雑貨も揃えております。
 また、レトロなアンティーク名古屋帯やメンズの角帯などのアイテムも販売。「青文字系」と呼ばれるスタイリングを得意としており、普段着物・浴衣はもちろん、撮影会や成人式、卒業式でのコーディネートのご相談も可能。レディース着物をメンズ風になど、自由なジェンダーレスコーディネート提案も行っています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-7500712574e234f500e5-2.png ]


■ 2020.1.3 (Mon) – 1.16(Sun)  2F CONTAINER
ν:iroca (ニュー:イロカ)

[画像5: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-8f64cc0042ed0e8d9b1d-8.jpg ]

 新しい時代の着物を表現し続けるブランド「iroca」が新しい色を生み出すリミテッドショップ「ν:iroca」が登場。「ν:iroca」では、ビビットなピンク、イエローなど強い色を放つデザイン、モチーフ、世界観の着物を多数展開いたします。
 また、ゲストブランドである、キモノディレクター・カリスマキモノブロガーであるCHOKOのブランド「C.H.O.K.O」では、画家Ruiとのコラボレーション名古屋帯が登場。さらに、フツウの可愛いじゃ物足りないオトナのためのアクセサリー「conoco」では、虎モチーフアクセサリーなど多数アイテムを展開いたします。
[画像6: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-39b76739340595853079-3.png ]


■2022.1.17(Mon) – 1.30(Sun)  2F CONTAINER
GALLERY SHILI tokyo (ギャラリー・シリ・トウキョウ)

[画像7: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-179cd2ab4432ca3dc223-9.jpg ]

 ニューヨークで現代アジア美術を学び、アートの世界で活躍した韓国出身のデザイナーパク・ドウニが手掛けた「GALLERY SHILI tokyo」。国際的な眼目を兼ね備えた彼女が手掛けるきものリメイクファッションブランドです。店頭ではきもののシルク新素材が出会って誕生したファッションアイテムや漆で丁寧に作られた山脇千尋の螺鈿指輪などを開催。
 着物とカシミヤを組み合わせたショールなど、独自な感性できものの美しさを活かした作品は「きものリメイクファッション」の持つイメージを一新させ、エシカルでアップサイクルな着物をご提供いたします。
[画像8: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-f9ae2b4897c6ce57a5e4-4.png ]


■2022.1.3(Mon) – 1.11(Tue)   2F CONTAINER
雅星本店 (マサボシホンテン)
 リユース商品を中心に1点物を多く取り扱う「雅星本店」は、現代物とアンティークという時代を超えたコーディネートや、洋服ミックスのご提案など、着物初心者の方でもお気軽にご相談いただけるブランドです。リユース中心のため1点物のファッションアイテムや振袖も多数展開。
[画像9: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-828d5ee7644eed9dcc5d-5.png ]


<Laforet HARAJUKU POP UP SHOP Information>
■2020.1.5(Wed) – 1.31(Mon)  1F
日本初上陸のブランドを揃えた京都発のコンセプトストア
CONCEPTSTORE PERMANENTE(コンセプトストア ペルマナン)

[画像10: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-d8a11802b7357f9c4df3-10.jpg ]

 「日欧ペアリング」をテーマとした、京都発のコンセプトストア「PERMANENTE」がラフォーレ原宿に初登場いたします。東京初上陸となるイタリアの香水・キャンドルブランド「CORETERNO(コレテルノ)」や、日本初上陸となる白磁で作られたイタリアのアクセサリーブランド「PEPAFLACA(ぺパフラカ)」などを展開。また、ドイツ製のプレミアムノートブランド「nuuna(ヌーナ)」や、プラダやエルメスのアートディレクターとコラボレーション商品などを展開する日本発のバッグブランド「DUREN(デューレン)」などのアイテムも登場いたします。
 「PERMANENTE」はフランス語で「永続的に」を意味し、お客様と永続的な関係を作りたいという思いで名付けられました。日本初上陸のヨーロッパブランドが並び、まるでアートのようなプロダクトやライフスタイルグッズを取り揃えます。見て・触れて・聞いて・香りを嗅ぐ、ネットでは味わうことのできない魅力を伝える「CONCEPTSTORE PERMANENTE」をぜひお楽しみください。
[画像11: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-6f4f4a1c80699e3d8417-6.png ]


■2022.1.21(Fri) – 1.30(Sun)  B0.5F
monet2022 (モネニセンニジュウニ)

[画像12: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-9d3db85d1ae2249a9dd8-11.jpg ]

 2021年に大学を卒業し、新たな気持ちで本格的に作家活動が始まる区切りの年として、今現在のmonetがやりたいことを詰め込んだ体験型展示「monet2022」。展示会であり、ショップであり、アトラクションのような、monetという人間の多面性で構成するひとつの空間を演出いたします。また、ショップでは、極小サイズのキャンバス作品180点をはじめとする原画販売全200点以上や、ステッカーやカードなどを販売。即売・売約・オークション・フォトブース・カスタムオーダーライブペインティングなど様々なセクションでのイベントも実施予定です。
 SNSの画面上で満足せず実際に現場に足を運んでもらうということを引き続き大事にしながらも、今回はより一層受け手側が「思考」し「選択」し「買い物という体験」と「自分自身の価値観」を見つめ直すきっかけになるような場を提供いたします。
[画像13: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-354d3a97af27107fc6fb-7.png ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/5658/327/resize/d5658-327-4755cef650e2068e9505-13.jpg ]


monet(美術家)

1999年生まれ、高知県出身。2021年に武蔵野美術大学油絵学科を卒業。在学中から東京を拠点に作家として活動しており、主に油絵を制作している。


<ラフォーレ原宿 新型コロナウイルス感染予防対策について>
ラフォーレ原宿では、新型コロナウイルス感染拡大予防のため各種対策を行っております。館内では、マスクの着用をお願いさせていただきます。また、混雑時には入館・入店制限を設けさせていただく予定でございます。お客様におかれましては、ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力、賜りますようお願い申し上げます。

■ラフォーレ原宿 主な感染予防対策
・従業員のマスクの着用
・従業員の体調管理の徹底
・従業員用検温器の設置
・フィジカルディスタンスの確保
・飲食店の席数、客席配置の調整
・定期的な開放・換気、及び消毒・清掃活動の実施
・レジへのコイントレイ設置
・レジ端末等の消毒
・フィッティングルーム・個室の消毒
・閉店後の消毒作業
・混雑時の入館制限実施

■お客様へのご協力のお願い
・館内でのマスクの着用
・入館時の手指消毒
・体調管理には十分に注意いただき、発熱・咳などの症状がある方の来館自粛
・館内での従業員、およびお客様同士でのソーシャルディスタンスの確保
・咳やくしゃみをする時には、マスクやハンカチなどで口や鼻を押さえるといった「咳エチケット」の励行

※状況によって対策の内容を変更する場合がございます。
※掲載情報は予告なく変更・中止となる場合がございます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください