タワレコ企画 「未来ノ和モノ~JAPANESE FUTURE GROOVE~」第7弾に柴田聡子が決定

PR TIMES / 2019年2月28日 13時40分

特集ページを掲載したフリーペーパー配布。直筆サイン入りポスタープレゼント。

タワーレコードでは、札幌出身のシンガーソングライター柴田聡子のニューアルバム『がんばれ!メロディー』発売を記念し、タワーレコードの独自企画「未来ノ和モノ」第7弾に彼女を起用したキャンペーンを開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25445/327/resize/d25445-327-437925-0.jpg ]



 今回のキャンペーンでは、柴田聡子が新宿店でLPレコードを物色する様子を撮り下ろした「未来ノ和モノ」コラボポスターを制作。3月5日(火)よりタワーレコード店頭で掲出し、さらにニューアルバム『がんばれ!メロディー』をご購入いただいた方の中から抽選で5名様に、柴田聡子の直筆サイン入りコラボポスターを差し上げます。
 また、柴田聡子を表紙や中面で特集したフリーペーパーの配布や、新宿店でのインストアイベントの実施も決定しました。
 世代や国境を超えて愛される日本国内の注目アーティストを紹介する「未来ノ和モノ~JAPANESE FUTURE GROOVE~」を通じ、柴田聡子をタワーレコード全店で猛烈プッシュしていきます。

タワーレコード オンライン 柴田聡子 特集ページ
https://tower.jp/article/campaign/2019/02/28/01

1.「未来ノ和モノ」コラボポスター掲出
掲出店舗:タワーレコード、TOWERmini 全店(全国73店舗)※TOWERmini もりのみやキューズモール店を除く
掲出期間:3月5日(火)~3月18日(月)

2.「未来ノ和モノ~JAPANESE FUTURE GROOVE~」フリーぺ―パー 柴田聡子特集
配布店舗:タワーレコード、TOWERmini 全店(全国73店舗)※TOWERmini もりのみやキューズモール店を除く
配布開始日:3月5日(火)先着でのお渡しにてなくなり次第終了。

3.抽選で5名様に 柴田聡子直筆サイン入り「未来ノ和モノ~JAPANESE FUTURE GROOVE~」ポスターをプレゼント
ニューアルバム『がんばれ!メロディー』を(PCD-18862)をタワーレコードおよびTOWERmini全店、タワーレコード オンラインにてご購入いただいた方に柴田聡子直筆サイン入り「未来ノ和モノ」コラボポスターが抽選で5名様に当たる応募抽選付ポストカード(「未来ノ和モノ」コラボポスター絵柄)を先着で差し上げます。
応募〆切:2019年4月7日(日)
※PC・スマートフォンからのご応募が必須です。※ご応募にはタワーレコードメンバーズへの登録およびレシート番号の入力が必要です。

4.柴田聡子 インストアイベント ライブ&サイン会
ニューアルバム『がんばれ!メロディー』(PCD-18862)を、タワーレコード新宿店、渋谷店、秋葉原店、横浜ビブレ店、池袋店、吉祥寺店のいずれかでご購入いただいた方に先着で、サイン会参加券をお渡し。イベント当日は、ご購入いただいたCDとサイン会参加券をご持参下さい。
日時:2019年3月28日(木)19:00~
場所:タワーレコード新宿店7Fイベントスペース(観覧フリー)
※商品のご予約は店頭の他にお電話、タワーレコードホームページ( http://tower.jp/)の店舗予約サービスが対象。※イベントについての問い合わせ先:タワーレコード新宿店(03-5360-7811)

◆柴田 聡子 プロフィール◆

[画像2: https://prtimes.jp/i/25445/327/resize/d25445-327-761020-1.jpg ]

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。ギターの弾き語りでライブを行う傍ら、2011年夏と冬に自身で録音した2枚のデモCD(計20曲)、2012年6月三沢洋紀プロデュース多重録音による1stアルバム「しばたさとこ島」を、2013年8月にはバンドサウンドによる12インチ・アナログレコードシングル「海へ行こうかEP」を、2014年6月には再び自身で録音した2ndアルバム「いじわる全集」を発売。演劇の祭典、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を発表するなど、歌うことを中心に活動の幅を広げる。2015年は6月に2種類のライブアルバム発売を経て、9月、山本精一プロデュースによる3rdアルバム「柴田聡子」を発売。2016年6月、初の詩集「さばーく」を発売。同年、第5回エルスール財団新人賞 <現代詩部門> を受賞。『文學界』『すばる』『現代詩手帖』などにも寄稿し、詩人としても注目を集める。2017年5月、岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと紡いだ待望の4thアルバム「愛の休日」をリリース。2018年、1月号より現在に至るまで、雑誌『文學会』にてエッセイ「きれぎれのハミング」を好評連載中。『すばる』4~6月号にて3回連続巻頭フォトエッセイ「こんなことしてていいのか日記」を担当。アナログ・マスタリング / カッティングまで本人が完全監修した4thアルバム「愛の休日」のLPレコード発売に続き、11月、ライブではすでにキラーチューンの座を確立している『ワンコロメーター』を7inch EPで発売。2019年3月6日には待望のニューアルバム『がんばれ!メロディー』の発売が決定。初のバンドツアー『柴田聡子 TOUR 2019 “GANBARE! MELODY”』を全国8都市で開催することも決定している。

◆「未来ノ和モノ~JAPANESE FUTURE GROOVE~」とは ◆
日本国内で活躍し、海外でも注目を集めているアーティストをタワーレコードのバイヤーが厳選してフックアップしていく企画。タワーレコード店頭でのコーナー設置はもちろん、フリーペーパーの発行や撮り下ろしポスターの掲出など、リアル店舗ならではのアプローチを展開中。

■コンセプト
そのサウンドは、機能性を損なわずに時代を超越する。
そのサウンドは、新たな機能性を見出だされ時代を超越する。

20年後、30年後、世界中の音楽ディガーに発見され、興奮し、
語り継がれる日本の音楽。
フロアを揺らす音楽。
決して消費される事のない音楽。

音楽はタイムマシン。
盤は回り、そのサウンドは未来へと繋がって行く。

■過去発行誌
[画像3: https://prtimes.jp/i/25445/327/resize/d25445-327-715027-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/25445/327/resize/d25445-327-929839-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/25445/327/resize/d25445-327-126088-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/25445/327/resize/d25445-327-992576-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/25445/327/resize/d25445-327-234290-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/25445/327/resize/d25445-327-752831-7.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング