ソニー ハンディカム、子育てトレンドを先取りする 『ペアレンティングアワード2013』を受賞!

PR TIMES / 2013年11月26日 16時49分

新たな育児トレンド “イクティブ(育児×アクティブ)” に最適 子供との“ながら撮影”を実現したハンディカム

ソニーのデジタルビデオカメラハンディカムは、この度、人気育児雑誌6誌が子育てにまつわるトレンドを表彰する『ペアレンティングアワード2013』を受賞致しました。



『ペアレンティングアワード』とは、「日本の子育てをもっと元気に!」をスローガンに、育児雑誌メディアが中心となり、毎年子育てにまつわるトレンド(ヒト・モノ・コト)を選出し、表彰しているものです。
今や超定番の抱っこ紐である「エルゴベビー」(2009年)や、イクティブなパパたちにも大人気なランニングバイク「ストライダー(2011年)」など、多くの育児関連ヒット商品の存在を世の中に先駆けて紹介してきたこのイベント。
第6回目となる今年度は、11月26日(火)、代官山T-SITE GARDEN GALLERYにて開催されました。

子どもと同じ目線でアクティブに育児を楽しむ「イクティブ」という新たな育児スタイルが、昨今、トレンドになりつつあります。この新たな育児スタイルは、今回のペアレンティングアワードで捉えた子育て世代の消費の変化(家族関係が夫婦中心から、子ども中心へシフトする等)を象徴する育児スタイルであると注目されました。
イクティブなパパ達は、育児シーンを、臨場感溢れるハイクオリティーな動画で残す欲求が高いという傾向にあり、自分の趣味を子どもと一緒に遊びながら撮影できる「空間光学手ブレ補正」や、子どもとその場で一緒に楽しめる「内蔵プロジェクター」を搭載したソニーのハンディカムがイクティブの代表的ギアとして評価され、当賞受賞に至りました。


--------------------------------------------------------
■畑山 護之 <FQ JAPAN 編集長>
株式会社アクセスインターナショナル FQ JAPAN編集長
--------------------------------------------------------
新たな育児スタイル「育児」×「アクティブ」=『イクティブ』 が流行の兆し
自分の趣味を子どもと一緒に楽しむ『イクティブ』なパパにはハイクオリティな動画を残せるハンディカムが最適

近年、もはやイクメンであることは当たり前で、そのスタイルはどんどん“多様化”。
自分の趣味に子どもを巻きこんで一緒に遊ぶなど、とても「アクティブ」な育児を実践している父親も多く、編集部ではこれを「育児」×「アクティブ」=『イクティブ』として、新たな育児スタイルの象徴と捉えています。
独自におこなったアンケートでは、イクティブなパパは育児のシーンを、臨場感溢れるハイクオリティな動画(イクティブ・ムービー)に残す傾向が強いことも分かりました。
子どもと一緒に遊びながら撮影した躍動感のある動画を、子どもと一緒に見返すことで子どもの成長を促す。優れた手ブレ補正機能を備え、子供と一緒に趣味を楽しみながら撮影ができるソニーのハンディカムは、そうしたニーズにフィットし、大きな注目を集めています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング