世界遺産・富士山の春の絶景スポット「富士芝桜まつり」4/19(土)開幕

PR TIMES / 2014年4月4日 13時34分

首都圏最大級の花の祭典 

 富士急行株式会社では富士五湖の一つである本栖湖にほど近いエリアにある
富士本栖湖リゾートにて、平成26年4月19日より「2014富士芝桜まつり」を
開催致します。
 「富士芝桜まつり」は今年で7回目の開催となり、首都圏最大級約80万株の
シバザクラと世界遺産・富士山との競演が楽しめる花の祭典です。



 今年は、昨年の5品種のシバザクラから1品種を増やしたことで、これまで
以上に色鮮やかな花のコントラストを鑑賞していただけるようになります。
また、「アネモネ」「ミツバツツジ」などのシバザクラ以外の花木も新たに
植えたことで、期間中を通して様々な花をお楽しみいただけるようになりま
した。
 アクセスについても利便性向上を図り、川崎駅・千葉駅から河口湖駅行き
のJR直通電車を新たに運行致します。(運行日限定)
 なお、富士山が世界遺産に登録されたことで増加が見込まれる撮影目的の
お客様にもよりお楽しみいただくために、富士山を象ったシバザクラによる
新しい撮影スポットの新規設置や人気の写真コンテストを今年も開催致しま
す。その他にも、会場内では「富士宮焼きそば」「富士吉田うどん」などの
富士山周辺の“うまいもの”を集めた「富士山うまいものフェスタ」を開催し
ており、幅広く様々なお客様にご満喫いただけるイベントです。
 世界遺産「富士山」の麓に広がる春の風物詩にどうぞご期待ください。


【今シーズンのポイント】
●シバザクラがより鮮やかなコントラストを描きます。
 オーキントン・ブルーアイというシバザクラの品種を新たに植え、5種類か
 ら6種類に増えました。それにより、これまで以上に色鮮やかな花のコント
 ラストを鑑賞いただけるようになります。

● 期間中を通して様々な花を鑑賞できます。
 「アネモネ」「ミツバツツジ」「ヤマツツジ」「ムスカリ」「サクラソウ」
 「クマガイソウ」を新たに植え、期間中を通して様々な花をお楽しみいただ
 けます。

●川崎・千葉発のJR直通電車を新設し、アクセスが充実。
 昨年も運行している「新宿駅」「小山駅(大宮駅経由)」発着のJR直通電車
 に加え、下記の臨時列車を新たに運行致します。
 ・川崎駅~河口湖駅
  JR南武線・中央線直通「お座敷富士山号」
  (4/26、27運転 全車グリーン車指定席)
  約3時間25分
 ・千葉駅~河口湖駅
  JR総武線、中央線直通「山梨富士号」
  (5/3~5運転 全車指定席)
  約3時間25分

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング