1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

クラウド型サイネージサービス「SIGNESS(R)」がサムスンのサイネージプラットフォーム「Samsung Smart Signage Platform」に対応

PR TIMES / 2021年9月30日 16時45分

― 「SIGNESS」がプレインストールされたサムスン製ディスプレイにより、セットトップボックス不要のスマートサイネージを実現 ― ~ 2021年10月1日より提供開始 ~

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下、ACCESS)は、同社の簡単に本格的なコンテンツ制作・配信ができるクラウド型サイネージサービス「SIGNESS(R)」をサムスン電子株式会社(以下、サムスン)の提供するサイネージプラットフォーム「Samsung Smart Signage Platform」(以下、SSSP)に対応させ、2021年10月1日より、サムスン製スマートディスプレイにプレインストールして、国内の企業を対象に提供開始することを発表いたします。



サムスンのスマートディスプレイは、2009年より12年連続で世界トップシェアを誇る、デジタルサイネージ製品です。「SSSP」は、信頼性の高いオープンソースのTizenをベースにしたサムスン独自のサイネージプラットフォームであり、サムスン製スマートサイネージに組み込まれているオールインワンソリューションです。サーバーと通信してデジタルメディアを再生するためにセットトップボックス(STB)等追加のデバイスを必要としないのが特長です。日本国内では大規模小売店やスーパーマーケット等で広く採用されています。ACCESSは、2020年12月よりサムスン製スマートディスプレイの日本国内における代理店として販売しています※。

一方、ACCESSの開発・提供する「SIGNESS」は、コンテンツ制作から配信、ユーザー管理等すべての機能がクラウド上で利用可能なHTML5ベースのサイネージサービス(ASP)です。ディスプレイ端末があれば、高度なITスキルがなくても簡単に本格的なサイネージを開始できます。現在、国内事業者のオフィス等1,000を超える拠点に導入されています。これまで対応OSはAndroid(サイネージ用ディスプレイ/タブレット)とiOS(iPad)のみでしたが、この度新たにSSSPが加わりました。SSSPに対応したサイネージサービスは国内唯一となります。

一般にサイネージシステムを構築する場合、ディスプレイとSTBをそれぞれ購入し、さらに任意のサイネージサービス(ASP)に申し込む必要があります。この度のSSSP対応「SIGNESS」とサムスン製スマートディスプレイはACCESSよりすべてワンストップで提供されますので、顧客企業側での複雑なソフトウェア設定や、STBの調達・複雑な配線・保守は不要となり、省スペース、低コストで、簡単便利に、世界品質のディスプレイを用いた本格的なサイネージサービスをすぐに利用開始することが可能になります。
[画像: https://prtimes.jp/i/11476/329/resize/d11476-329-aa560120b7fccdc61fdd-0.png ]

Samsung Smart Signage Platform(SSSP)によるシンプルなサイネージシステム構成(イメージ)

さらにSSSP対応「SIGNESS」には、新たに「ディスプレイ遠隔管理機能」を拡張しています。リモートにあるオフィスや自宅からでも電源のON/OFFや再起動といった管理ができますので、現地オペレーターは不要でディスプレイの電気代節約が可能です。

「SIGNESS」がプレインストールされたサムスン製スマートディスプレイを一括導入することで、顧客企業は下記のようなメリットを享受することができます。

・STB/コンテンツ配信サーバー不要
STB一体型ディスプレイにクラウドベースの「SIGNESS」をプレインストールすることで、必要なソフトウェアすべてをディスプレイ端末に内蔵しています。
・世界品質のディスプレイ
サムスンならではの高画質・薄型モデルを用いて、サイネージサービスを利用できます。
・豊富なディスプレイモデル
「SIGNESS」はサムスンの4つのモデル「独立型」、「屋外型」、「壁掛け型」、「双方型」すべてに対応していますので、用途に合わせて柔軟に選択できます。
・クラウド配信
「SIGNESS」はクラウドベースのため、遠隔からのコンテンツ配信・管理が可能です。
・現地オペレーター不要
「SIGNESS」により、現地に行かずディスプレイの電源ON/OFFや遠隔管理が可能です。
・HDMIケーブル不要
Media Player内蔵SoCが搭載されたSSSPにより、HDMIケーブルは不要です。ディスプレイ周りをスッキリとみせ、また管理の手間がなくなります。

※詳細は、2020年12月21日付報道発表「ACCESS、世界シェアNo.1・サムスン電子のサイネージディスプレイの販売を12月21日から開始― デジタルサイネージ事業を拡充 ―」( https://www.access-company.com/news_event/archives/20201221/)をご覧ください。

サムスン製のスマートディスプレイに関する詳細および営業へのお問合せは、以下公式サイトをご覧ください。
https://ss.access-company.com/

「SIGNESS」に関する詳細は以下公式サイトをご覧ください。
https://www.access-company.com/products/service-solution/signess/

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証一部:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび約350社以上の企業への採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組み込みとクラウド技術を融合したDX/IoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/

※ACCESS、ACCESSロゴ、SIGNESS、SIGNESSロゴは、日本国、米国及びその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング