ハワイ州が2014年10月1日を「JTB DAY」と制定

PR TIMES / 2014年9月30日 11時0分

ハワイ知事庁舎にて宣誓式典を開催

アメリカ合衆国ハワイ州《知事 ニール・アバクロンビー氏(Mr. Neil Abercrombie)》は、2014年
10月1日、この日を「JTB DAY」と制定し、同日、ハワイ知事庁舎に株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区 代表取締役社長 高橋広行)関係者を招いての宣誓式典が開催されます。




ハワイ州観光局発表2013年(1月―12月)のデータによると、ハワイ州への航空機による年間訪問者数は約800万人。国別でみると、米国内からの訪問者が約500万人と全体の半数以上を占めていますが、海外からの訪問者約309万人の内訳をみますと、日本からの訪問者は約151万人と、2位のカナダ51万人に3倍近い差をつけ、圧倒的1位を誇ります。海外からの訪問者のほぼ2人に1人は日本人ですから、ハワイ州の観光にとって最大の貿易相手国ということがいえます。
弊社JTBグループは、上記151万人の日本からの訪問者の内、約43万人のお取扱いをさせていただいております。(2013年1月―12月弊社ホノルル支店調べ) また、1964年に開設したホノルル支店が、お陰様をもちまして本年10月に開設50周年を迎えることとなりました。同時に、12万人の観客動員を誇るハワイ最大の環太平洋文化交流イベント「ホノルル・フェスティバル」を手掛けて今年で20周年という節目の年を迎えております。

上記のように、これまでのハワイ州への誘客と合わせ、ハワイを交流の舞台とする様々な取り組みを進めてきた弊社ハワイ関連事業が節目の年を迎えたことから、ニール・アバクロンビー知事の計らいで「JTB DAY」制定という栄誉を拝戴する運びとなりました。

【トラベルプラザ オープン】
弊社では上記同日10月1日より、お客様のさらなるサービス向上を図るため、カラカウア通りDFSに隣接する「ワイキキショッピングプラザ」B1階に「トラベルプラザ」をオープンします。ご滞在中のオプショナルツアーはもとより、ウェディングのお打合せサロン、ご希望の多いフラ・ウクレレなどの各種カルチャー教室、増加基調にある日本人以外のお客様向けの情報ステーションなど、中心地ならではの便利なサービスを提供いたします。

また、オアフ島で人気のラニカイジュース、いやすめ(おむすび・お弁当カフェ)も出店!ホノルルにお越しになられたお客様が集う「旅の広場」を目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング