【FRONTIER】NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER搭載ゲーミングデスクトップPC 3機種を発売

PR TIMES / 2019年7月24日 13時40分

BTOパソコンの販売を行うインバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2019年7月24日(水)より、グラフィックスカードGeForce RTX 2080 SUPERを搭載したゲーミングデスクトップPCの販売を開始しています。



■製品の概要
このたび販売を開始する製品は、新しいGeForce RTX SUPER シリーズのグラフィックスカード、GeForce RTX 2080 SUPERを搭載したゲーミングデスクトップパソコンです。チップセットやCPUが異なるモデルを3機種ご用意しました。ぜひお好みのモデルをお選びください。

この製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2019年7月24日(水)より販売を開始しています。

■ GeForce RTX 2080 SUPER搭載PCはこちら
https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1907240201
[画像: https://prtimes.jp/i/8196/334/resize/d8196-334-697447-0.jpg ]

■製品の特長
<GeForce RTX 2080 SUPER>
ベースクロック 1,650MHz、ブーストクロック 1,815MHz、メモリ 8GB GDDR6、メモリ速度 15.5Gbps。
GeForce RTX SUPERシリーズのグラフィックスカードは、最速のゲーミング性能と、同等クラスの他のゲーミング GPU を凌駕する電力効率を備えています。同シリーズはさらに多くのコア、より高いクロックを備え、既存のGeForce RTX 20シリーズと比べて最大25%、GeForce GTX 10シリーズよりも6倍高速なパフォーマンスを実現しました。GeForce RTX 20シリーズは、リアルタイムでレイトレーシングされたゲームに対応するための、先進のシェーディング、プログラム可能なレイトレーシングおよび演算コアを備えた、ハイブリッド アーキテクチャ「Turing」を採用しています。

<FRONTIER GHシリーズ>
対応機器のLEDを同期させる 「ASUS Aura Sync」 に対応したPCケースを採用。前面パネルに縦2本、左側面に1本設置されたRGB LEDストリップと、強化ガラスサイドパネル越しに見える背面ファン・マザーボードが鮮やかに光ります。また、レイアウトを工夫したことで大きなグラフィックスカードも搭載可能です。「裏面配線」仕様だから、エアフローの妨げになりやすいケーブルをマザーボードの背面側にまとめて配線・結束可能、スッキリしたケーブルレイアウトを保つことができます。

<FRONTIER GAシリーズ>
GAシリーズは前面のメッシュ構造と前後12cmファンで通気性に優れています。拡張性にも優れ、5インチ外部ベイx3、3.5インチ外部ベイx2、3.5インチ内部ベイx4、2.5インチ内部ベイx1があり、さらに大型のグラフィックスカードの搭載が可能です。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナル・コンピュータ開発、製造及び販売、他
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、各種情報機器

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング