1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

福岡ソフトバンクホークス、柳田悠岐選手 3年で約1,000万円を国連WFPに寄付

PR TIMES / 2021年12月24日 18時45分

認定NPO法人 国連WFP協会(横浜市西区みなとみらい1-1-1パシフィコ横浜6F会長:安藤宏基)は、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手からホームラン28本分にあたる420万円の寄付を受けました。2019年からの合計は1,065万円(学校給食35万5,000人分)となりました。



[画像: https://prtimes.jp/i/9064/335/resize/d9064-335-d4d01cc5e08595c677d4-0.jpg ]

柳田選手は自身の成績が途上国の子どもたちの支援につながる成績連動型寄付を採用。2021年はホームラン1本の寄付額を15万円とし、シーズンのホームラン28本分、総額420万円を寄付し、国連WFPの学校給食支援を応援しました。
柳田選手は、以前より国内の子どもたちへの支援を続けるなか、世界中の飢餓に苦しむ子どもたちへの支援も行いたいとの思いで、子どもたちに栄養と希望を届ける国連WFPの学校給食支援に共感を抱き、国連WFPへの支援を2019年から行っています。
『成績に連動した支援活動を行うことは、僕自身の大きなモチベーションにもなります。一人でも多くの子どもたちの未来を支えるために、たくさんホームランを打ちたいと思います。』と語る柳田選手。
より多くの子どもたちに学校給食を届けられるよう、国連WFPも柳田選手の活動を応援します。

寄付内容: 1本塁打(ホームラン)につき15万円(ポストシーズンを含む)
寄付額:  2021年シーズン総額420万円(15万円×28本) 学校給食支援へ
寄付総額: 1,065万円(2019年~2021年)

<柳田悠岐選手プロフィール>
1988年生まれ。広島県広島市出身。2015年トリプルスリーを達成、チームも日本一となり最優秀選手に選ばれる。首位打者、ベストナイン、4年連続最高出塁率打者継続中など、数々のタイトルに輝く日本を代表する打者。
主なタイトル (首位打者)2015、2018 (最高出塁率)2015~2018 (最優秀選手)2015、2020
(ベストナイン)2014、2015、2017、2018、2020、2021 (ゴールデングラブ賞)2014、2015、2017、2018、2020、2021 東京オリンピック野球金メダリスト

【WFP国連世界食糧計画(国連WFP)】 https://ja.wfp.org/
飢餓をゼロにすることを使命とする国連唯一の食料支援機関です。災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年約80か国で、女性や子どもを含む約1億人に食料支援を行っています。

【認定NPO法人国連WFP協会】
国連WFPを支援する認定NPO法人で、日本におけるWFPの公式支援窓口です。募金活動のほか企業・団体との連携、広報を通じて日本における支援の輪を広げています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください