トランスコスモス、長崎市内にサービス拠点「BPOセンター長崎」を新設

PR TIMES / 2014年12月17日 16時58分

BPO業務の拡大によりニアショア体制を強化、新たに400人の採用を計画

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、新たなサービス拠点「BPOセンター長崎」の新設を決定し、2015年5月より業務を開始します。2018年には400人体制まで増員する予定です。

BPOサービスの需要は、コスト競争力の強化、業務効率化といった企業のニーズに伴い、拡大傾向にあります。昨今では、コスト削減から中国やASEANなどのオフショア拠点と日本国内のニアショア拠点を双方に活用したサービス提供や、BCP(Business Continuity Plan)の観点からも複数センターに業務を分割する事例も増えています。

トランスコスモスは、九州の主要都市でもあり、ビジネス拠点としても多くの企業が進出している長崎市内にセンターを新設し、ニアショアの中枢拠点の1つとしてBPOサービスを提供していきます。

■BPOセンター長崎概要
名称      BPOセンター長崎
所在地     長崎県長崎市家野町6番1号
提供サービス  BPOサービス
業務開始月   2015年5月

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のコスト削減を支援するコンタクトセンター・人事/経理/営業バックオフィス・受発注/SCM・システム開発/運用などのサービスを、また、お客様企業の売上拡大を支援するビッグデータ分析・インターネット広告・Webサイト構築/運用・スマートフォン/ソーシャルメディア活用・テレマーケティングなどのサービスを、アジアを中心に世界18カ国・129の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。
また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界39カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは高品質なBPOサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global BPO Partner」を目指しています。(URL:http://www.trans-cosmos.co.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング