92%のワーキングマザーが出産前より仕事への意欲が上昇。 要因は「仕事観・キャリア観の変化」。 ~エン・ジャパン「ワーキングマザーに関する意識調査」 ~

PR TIMES / 2014年5月31日 13時35分

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、ウーマノミクスをはじめとする「女性の活躍支援・推進」同様、「女性が世界で一番活躍する会社」を目指して、日々活動しております。近年は、社内で育児休業明け社員の人数が大幅に増加していることを受け、2014年5月に自社社員を対象とした「ワーキングマザーに関する意識調査」を行いました。609名(※)から回答を得ましたので、以下のとおり、概要をご報告します。

※ワーキングマザー本人が24名、その他社員が585名



■調査結果概要

★92%のワーキングマザーが出産前より仕事への意欲が上昇。
要因は「仕事観・キャリア観の変化」。

★女性社員の69%が「ワーキングマザーになりたい」と回答。

★ワーキングマザーが周囲に与える影響は、第1位「時間に対する意識向上」、
第2位「価値観の多様化」、第3位「未婚女性社員のキャリアイメージ醸成に寄与」。

★管理職が部下のワーキングマザーに困っていることは「任せる業務の量」。
ワーキングマザー本人が困っていることは「情報伝達スピード」。

★管理職がワーキングマザーに求めたいことは
「時間内での生産性」「業務を抱え込まないこと」。


■調査結果詳細

1:92%のワーキングマザーが出産前より仕事への意欲が上昇。
要因は「仕事観・キャリア観の変化」。

 エン・ジャパンの社員で、出産を経験したワーキングマザーに現在の仕事への意欲を聞いたところ、元々高かった社員も含めて、92%が「意欲が上がった」と回答。8割のワーキングマザーが「仕事観・キャリア観の変化」が仕事への意欲に影響していると回答しています。フリーコメントでは「家庭を持ち社会的に責任ある立場になったから」「時短でわざわざやっている以上、何か積み上げていきたいと感じるように」「家庭と仕事と居場所が2つあることで、良い気分転換になる」という声が寄せられました。産休・育休という長期休みや育児を経験したことで、仕事に対する価値観が変わったことが伺えます。


2:女性社員の69%が「ワーキングマザーになりたい」と回答。

 過半数の女性社員が、もし子供が生まれても働き続けたいと回答。昔のように結婚や出産によって、仕事を辞めるという選択肢を想像している人は少ないようです。

 「いいえ」「分からない」と回答している社員の理由は「将来の働き方をイメージ出来ないから」(63%)。フリーコメントでは「そもそも子供を持つことをキャリアロスと捉えてしまい、イメージが沸かない」という声が。ワーキングマザーの仕事への意欲が出産前よりも高まっている一方、出産前の社員には、子供が生まれることで、現在のキャリアが断絶する、キャリアアップの時期を逃すという印象が強いようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング