『SmartGridニューズレター』主催セミナー「新しいビジネスの波を迎えたM2M/IoTの最新動向と課題=世界最大のモバイル展示会MWC2014から見えた市場への期待=」4月17日(木)開催

PR TIMES / 2014年4月9日 15時9分



インプレスグループで企業向けIT関連メディア事業を手がける株式会社インプレスビジネスメディア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村照明)は、スマートグリッド専門メディア『SmartGridニューズレター』主催によるM2M/IoT市場・技術動向セミナーを、4月17日(木)に開催いたします。

2013年から2018年の5年間に、モバイルユーザー数は41億人から49億人に増加し、さらにモバイル対応デバイスとM2M接続の総数は、この5年間に70億台から100億台(パーソナルモバイルデバイスが80億台、M2M接続が20億台)に増加すると予想されています(シスコシステムズ発表)。

また国内のM2M市場においては、2013年には1,350億円、2020年には約2倍の2,500億円になるとの予測も出されています(矢野経済研究所調査)。

このような各種の市場予測を背景に、本セミナーでは、日本企業がM2M/IoTビジネスを今後グローバルで展開していくうえで成功させるためのヒントや課題について、世界最大のモバイル展示会「MWC(Mobile World Congress)2014」の現地取材の情報も交えながら、深く掘り下げて考えていきます。

冒頭の講演では、上智大学理工学部情報理工学科 客員教授 服部 武 氏に、M2Mのグローバル展開、特に欧州の現状などを解説していただいた後、3GPPやoneM2M、IEEE 802委員会など各種標準化動向と併せて、今後理解しておくべきLTEやLTE-Advanced、5G、SDN(Software Defined Networking)、NFV(Network Functions Virtualization)といったモバイルインフラ技術動向をテーマにご登壇いただきます。

続いて、NTTグループを代表する情報通信専門のシンクタンクである株式会社情報通信総合研究所の 岸田 重行 氏(上席主任研究員)、三本松 憲生 氏(主任研究員)に、「M2M/IoTの市場規模予測と最新のトレンド」「海外の展示会に見るM2M/IoTへの期待感と課題」と題して、2020年までの市場規模予測とビジネスモデル/新サービスの可能性について解説していただきます。さらに各企業の発表からみた応用分野や想定されるビジネス分野についても紹介し、M2MやIoT時代に向けての課題を整理していただきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング