1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

さとふる、「新型コロナウイルスに負けない!酒類・飲食事業者を応援特集」を公開

PR TIMES / 2021年8月26日 14時45分

~お礼品事業者の新型コロナウイルスの影響・挑戦ストーリーを紹介~

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」( https://www.satofull.jp/)を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、新型コロナウイルスの感染拡大によって受けた影響を打破するために取り組む事業者の事例を紹介する「新型コロナウイルスに負けない!酒類・飲食事業者を応援特集」を2021年8月26日に公開します。



本特集では、2020年から続く新型コロナウイルス感染拡大の影響で大きく打撃を受けている酒類・飲食業界のお礼品を、お礼品事業者のインタビューと共に紹介しています。お礼品と共に、お礼品事業者が置かれている状況や、状況を打破するために取り組んでいる挑戦事例を紹介することで、酒類・飲食業界のお礼品事業者を応援してもらうことを目的としています。

■イメージ

[画像1: https://prtimes.jp/i/25119/342/resize/d25119-342-cf5ad9c4d2d281a52462-0.jpg ]

特集ページURL: https://www.satofull.jp/static/coronavirus_support/jigyo-ouen2021.php

株式会社さとふるはこれまでに、ふるさと納税を通じた全国の自治体への災害支援や、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受ける全国の事業者の支援に取り組んできました。1日も早い感染拡大の収束を願うと共に、今後も新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、不安や課題を抱えている全国の自治体・事業者の支援を推進します。

■本特集ページで紹介しているお礼品事業者の声


マルゴ水産[北海道網走市]


[画像2: https://prtimes.jp/i/25119/342/resize/d25119-342-0e8924c63d7cc7023bc1-1.jpg ]

当社では炭火で焼き上げた魚介類を楽しめる居酒屋などの飲食店を経営していますが、新型コロナウイルスの影響もあり、来客数は2019年頃と比べ、約7割も減ってしまいました。
観光などで網走に訪れにくい状況の中でも、美味しい食材を全国の方に楽しんでいただきたく、オンライン販売やふるさと納税の新しいお礼品の開発に力を入れています。おすすめは網走独自の漁法で釣られた高級魚「釣りキンキ」です。今回の特集に合わせてこの釣りキンキと、特大のほっけを楽しんでいただけるセットも限定で用意したので、皆さんに楽しんでいただきたいと思います。


銚子ビール[千葉県銚子市]


[画像3: https://prtimes.jp/i/25119/342/resize/d25119-342-42a96d598a28e535d100-2.jpg ]

地ビールの醸造に加え、ビールを提供する飲食施設なども運営する当社は、飲食施設の席数削減やテイクアウト形式への変更を余儀なくされ、来客数が50%減少した月もあります。店舗業態やクラフトビールの流通そのものを大きく変更せざるを得ない状況となってしまい、一部飲食施設を閉店するなど、大きな影響が出ています。
事業形態を“店舗への来店”からオンラインへのシフトを試みるため、オンラインでクラフトビールを楽しむイベント「オンライン先行開栓サロン」の開催や、ふるさと納税に掲載するビールの種類を増加したほか、自社のオンラインショップも商品の充実を図っています。


カレー倶楽部ルウ[宮崎県都城市]


[画像4: https://prtimes.jp/i/25119/342/resize/d25119-342-c10e827f0a5ba5d3bf17-3.jpg ]

宮崎県都城市で宮崎発祥のチキン南蛮カレーのお店として40年以上カレー店を営んでいます。新型コロナウイルスの感染拡大により店舗営業の時間短縮や席間をあけるために席数を減らすなどしており、売上が3割減少しました。
ふるさと納税やテイクアウト、オンライン販売に注力するほか、チキン南蛮カレーを全国へPRするために謎の覆面王子“チキン南蛮カレーのルウ王子”の活動を行っています。SNSの8万人以上のフォロワーに向けて発信を強化することで、認知拡大・ファン獲得につながり、飲食事業以外の売上比率が2割から4割近くまで上昇しました。今後は地元の事業者さんとお礼品のコラボ企画や、ライブ配信でお礼品の魅力を発信する仕組みづくりを進めています。

■株式会社さとふるについて
株式会社さとふるは、ふるさと納税(自治体への寄付)を通して地域活性化を推進しています。「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、寄付者向けに「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスを提供しています。自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。また、ふるさと納税を活用した地域活性化の取り組みを掲載する、地域情報サイト「ふるさとこづち」( https://www.satofull.jp/koduchi/)を運営しています。

以上

● この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
● この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング