H.I.S.×自由大学 全ての旅の体験を学びにするダイバーシティ(多様性)の街ポートランドでLGBTの祭典に参加

PR TIMES / 2016年4月13日 15時50分

 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林 朗 以下 H.I.S.)スタディツアーデスクは、株式会社スクーリング・パッド(本社:東京都渋谷区 代表取締役:黒崎輝男)が展開するユニークな学びの場「自由大学」と共同で「TRAVEL EXPERIENCE STUDY」”全ての旅の体験を学びにする”を共通認識とした企画・取組みをスタートいたします。




[画像1: http://prtimes.jp/i/5110/343/resize/d5110-343-741384-1.jpg ]

 第一弾のテーマはLGBT(※1)。日本でも徐々にLGBTを含むセクシャルマイノリティ(性的少数者)への理解が広がりつつあります。しかし、まだまだ認知や理解が足りないのも事実です。自由大学では、2016年5月に誰もが自分らしく生きやすい社会とは何か等を考える場として、LGBTに関する講義を予定しております。H.I.S.では、今回のテーマを受けて自由大学がケーススタディとしているアメリカ・オレゴン州ポートランドで行われる『LGBTの祭典『ポートランドプライド』に参加!創造都市を旅して学ぶダイバーシティ(多様性)ポートランド5日間』を造成し販売を開始いたします。
URL: http://eco.his-j.com/volunteer/tour/TF-APA0001/

 今回の渡航先であるポートランドは、「全米で住みやすい街No.1」「全米で最も環境に優しい都市」など、メディアランキングで上位を飾る今注目の都市です。1970年代から市民運動が盛んで、街中心部にあった既存の高速道路を撤去して公園にし、高速道路建設計画を撤回。その予算を路面電車建設に振り替えるなど、ポートランド式のまちづくりは環境先進都市として世界をリードし官民問わず、研究対象となっています。またダイバーシティ(多様性)を推奨しておりLGBTへの理解も深い街でもあります。オレゴン州では同性婚が認められており、またポートランド州立大学内にはジェンダーニュートラルトイレ等が設置されています。行程中で参加する『ポートランドプライド』とは、LGBTへの支援やLGBTの人々の芸術の才能を公にすると共に、コミュニティの文化や社会への貢献を広め、全ての人々へ啓蒙することで、セクシャルマイノリティ(性的少数者)が差別や偏見にさらされず、自分らしく生きていくことを目指しています。

 当ツアーを通じて、多様な生き方や誰もが自分らしく生きやすい社会を目指すこと。それを実践している人や地域に赴き「見えていない」現状に気づくきっかけになればと考えています。雇用する企業の方、教育関係者、ジェンダー論を学ぶ学生、企業で共に働く労働者など、様々なステークホルダーの方にご参加いただければと考えております。“旅マエ”や“旅アト”においても、自由大学と連携し事前学習や同窓会などのイベントを予定しており、旅を通じて“学び”と繋がる取組をすすめてまいります。
 H.I.S.スタディツアーデスクでは、今後とも旅を通じて文化交流や社会課題解決に繋がることを大切にし、そのお手伝いを担う専門店として展開しております。


■LGBTの祭典『ポートランドプライド』に参加!創造都市を旅して学ぶダイバーシティ(多様性)ポートランド5日間■
[画像2: http://prtimes.jp/i/5110/343/resize/d5110-343-699210-2.jpg ]



<ツアーポイント>
1、LGBTの祭典「ポートランドプライド」に参加。3日目にはパレードにも参加します。
2、ダイバーシティを推進する街で、多様な生き方を学びます。
■日本発着時利用航空会社:デルタ航空(エコノミークラス)
■宿泊:ジュピターホテル指定■食事:朝3昼0夕1
■添乗員:同行します ■最少催行人員:10名様
■旅行期間:2016年6月17日(金)~2016年6月21日(火)

【イベント】
5/7(土)・8(日)東京レインボープライド2016
5月 自由大学にて関連講義(全5回)
6又は7月帰国後同窓会
※イベントは確定次第WEBでお知らせいたします。
<ご出発35日前のご予約で早期割引2万円をご用意>
※旅行代金には燃油サーチャージが含まれております。
※成田空港施設使用料、空港保安料及び海外空港諸税が別途必要となります。
(※1)LGBTについてLesbian(レズビアン/女性同性愛者)、Gay(ゲイ/男性同姓愛者)、Bisexual(バイセクシャル/両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー/心と体の性の不一致)の頭文字を繋げた略語

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング