夏のボーナス商戦で盛り上がる「4K対応テレビ」市場 上半期ではソニーがシェア1位を獲得(64.9%)

PR TIMES / 2014年7月9日 10時47分



「4K対応テレビ」市場は、夏のボーナス商戦期とワールドカップ開催時期が重なったことや、6月2日より4K試験放送が開始されたこと等に後押しを受け、2014年上半期において、ますます拡大の兆しを見せています。

2014年6月時点の市場において、50型以上の大型テレビを見ると、台数で22.0%が4K対応テレビとなっています。 2013年7月時点では7.8%だったことから、この一年で構成比が約3倍に伸びており、4K市場が確実に広がっていることが分かります。また、上半期の4K対応テレビのメーカー別シェアは、ソニーが64.9%と圧倒的で、東芝14.0%、シャープ11.6%と続いています。(集計期間:2014年1月~6月 (株)BCN データによる)

「4K」という言葉を目にすることが増え、認知度も高まる中、現在放送されている番組を高画質で楽しむことができる「4K対応テレビ」にはますますの注目が集まっています。


(集計期間:2014年1月~6月 (株)BCN データによる)


◆今、「4K対応テレビ」市場が拡大を続けている背景

大型テレビの購入検討者を対象にした最新のアンケートでは、 「4K対応テレビ」の数ある画質項目の中で「高精細」であることが最も重視されており、中でもソニーの4K対応ブラビアは、「高精細」であることが最大のブランド選択理由となっています。(2014年6月ソニー調べ)。この「高精細」ニーズに応えているのが、現在放送されている番組を4K解像度に変換して、より美しく映し出すソニー独自のアップスケーリング技術です。

ソニーの4K対応ブラビアは、超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を全機種に搭載しています。様々な解像度の映像をその特性によって適切に分類し、超解像処理を行う(データベース型複数枚超解像技術)と共に、4K解像度にアップスケーリングすることで、現在の地上波、BS,CS110度のハイビジョン放送も、高精細で質感の高い4K画素の映像に変換して表示します。

新しいテレビの買い替えを検討する消費者にとって、現在もっともニーズが高いアップスケーリング技術に関して、4K画質の視聴を叶える確かな実力が備わっていることが、ソニーが4K対応テレビ市場の拡大を牽引し、トップメーカーとして走りつづける理由の一つだといえます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ソニーの4K対応ブラビアの特徴

「4K X-Reality PRO」


超解像エンジン「X-Reality PRO」を4K対応テレビ用として開発した「4K X-Reality PRO」を搭載。この機能により、地上デジタル放送、ブルーレイディスクのハイビジョン映像など、あらゆる映像を超解像処理した上で、4K映像にアップスケーリング。さらに4K映像として超解像処理を行うことで、より高品位な4K映像につくりかえます。あらゆる映像を高精細な4K画質にすることで、今まで見ていたものが新しく生まれ変わるような視聴体験が可能となります。


「トリルミナスディスプレイ」


一般の単色LEDバックライトシステムを用いた液晶テレビよりも、色の再現領域を大幅に拡大しています。さらに「4K X-Reality PRO」のカラーマネジメント性能を組み合わせることにより、繊細な色の違いを書き出すことが可能です。今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスや、人肌のみずみずしい質感までも描きだします。


「X-tended Dynamic Range PRO」(X9500Bシリーズ) /  「X-tended Dynamic Range」(X9200Bシリーズ)


映像の暗い部分の電流を明るい部分に集中させることで、従来の液晶テレビでは再現できなかったつややかな光の輝きを実現します。夜の闇やコンサート会場での光の演出等、新しい発見が感じられます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■4K対応ブラビア X9200B / X9500B / X8500Bシリーズ


・シリーズ名 :  X9500B (85V型・65V型) 直下型LEDバックライト搭載モデル
    X9200B (65V型・55V型) 磁性流体スピーカー搭載モデル 
    X8500B (70V型・65V型・55V型・49V型) 狭額ベゼル採用モデル
・価格     : オープン価格
・製品情報URL :  http://www.sony.jp/bravia/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング