ユルゲン・テラーが撮り下ろしたバーバリーの2021年春夏キャンペーンが公開

PR TIMES / 2021年3月2日 12時15分



[画像1: https://prtimes.jp/i/2612/344/resize/d2612-344-344815-0.jpg ]

「2021年春夏ショーでは、ファッション、アート、ミュージック、テクノロジー、ライブパフォーマンスのすべての要素を集結させた究極の体験を作りたいと思い、今回はそれらの相互間の対話を追求しました。私はいつも双対するコンセプトに惹かれており、それぞれの要素がもつ世界観をフュージョンさせることによって生まれた今までにないエネルギーとダイナミックな緊張感が感じられたことは素晴らしかったです。キャンペーンでは、シンプルな室内と生命力を感じさせる自然とのコントラストで異なる観点を試しています」
リカルド・ティッシ、バーバリー チーフ・クリエイティブ・オフィサー

バーバリーは異なる視点と観点を探求し、対比をなす世界をひとつにした2021年春夏キャンペーンを発表しました。ユルゲン・テラーが撮り下ろした本キャンペーンでは、屋内と屋外、自然とファッションという異なる領域を見せるため、自然の中に溶け込むモデルをショーの中で捉えたイメージと、王道のシンプルなスタジオショットを並列させて見せています。それらの相反する視点を通して、取り巻く環境によって変化する観点の違いを表現しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/2612/344/resize/d2612-344-219026-1.jpg ]

キャンペーンは、人魚とサメの現代におけるラブストーリーから広がる2021年春夏コレクションの全体的なテーマの元、ロマンティシズムとイノベーション、見た目と機能性、過去と未来を融合させ、バーバリーを象徴するハウスコードのひとつである双対性を引き続き発展させています。

2021年春夏コレクションでは、英国ブランドならではのユニークなDNAを称え、バーバリーを象徴する代表的なアイテムをモダンかつ自由なエネルギーで再現しました。反骨精神によって伝統をよりパワフルに進化させ、ナチュラルなキャンバスやデニム、ラバー加工のインダストリアルな素材と、デリケートなシフォンやクリスタル刺繍を組み合わせて、ストリートウェアとクラシックを融合させています。

リカルド・ティッシは今回、ユルゲン・テラーのほか、スタイリストのケイティ・イングランド、バーバリー グローバル・ビューティ・ディレクターのイサヤマ・フレンチ、ヘアスタイリストのゲイリー・ギルを含む個性的なタレントをチームとして集めました。

キャストには、モデルの樋口可弥子をはじめ、ヒー・コン、タイラー・フォーブス、カリ・ガーニ、タシ・クウェイ、リース・ネルソン、ヨーゴス・パラスキーバス、エイラ・ピーターソン、クラウス・ロヨ、リヴ・ウォルター、アノック・ヤイが参加しています。


バーバリー公式サイト
burberry.com
LINE @burberry_jp
Instagram @Burberry
Twitter @Burberry_Japan
Facebook @BurberryJP

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング