【ホテル日航東京】GW期間中、江戸風鈴の絵付け、すだれの色紙掛け、凧作りを開催! お江戸職人体験「ちびっこ繚乱」開催

PR TIMES / 2014年3月27日 13時37分



==================================================
~「江戸の心」をテーマに、東京の魅力を発信!シーズナルフェア「江戸繚乱」~
GW期間中、江戸風鈴の絵付け、すだれの色紙掛け、凧作りを開催!
お江戸職人体験「ちびっこ繚乱」開催
2014年5月3日(土)、4(日)、5日(月・祝)期間限定
http://www.hnt.co.jp/edo2014/
■シーズナルフェア期間中、江戸伝統の技を受け継ぐ職人の実演・販売も
==================================================

 ホテル日航東京(東京都港区台場 総支配人:本中野 真)は、2014年4月1日(火)から6月30日(月)まで、東京のルーツである江戸の魅力を掘り下げることで、東京の魅力を感じていただくシーズナルフェア「江戸繚乱(えどりょうらん)」を開催します。第3回目となる今回は、「江戸の心」をテーマに、江戸の職人芸を体感できる宿泊プラン「江戸繚乱ルーム」のほか、江戸時代の生活に根付いていたというマナー“江戸しぐさ”をもとにスマートフォンを使用したアプリ提供や館内でのスタンプラリーをするほか、2Fロビーには江戸にまつわる本をあつめた書籍コーナーを設置いたします。

 また、シーズナルフェア開催期間中のゴールデンウィークにはスペシャルイベントとして、小学生以上のお子様を対象に、江戸から伝わる職人の技が体験できるお江戸職人体験「ちびっこ繚乱」を開催いたします。2014年5月3日(土)「江戸風鈴の絵付け」、4日(日)「すだれの色紙掛け作り」、5日(月・祝)「凧作り」の3日間で3種類の体験コンテンツをご用意しました。「江戸風鈴の絵付け」は、台東区優秀技能者として表彰された“篠原まるよし風鈴”の篠原正義氏が、ガラス製の風鈴に内側から絵付けをする技術を伝授いたします。「すだれの色紙掛け作り」は、東京都伝統工芸品として江東区無形文化財に指定されている江戸簾の“豊田スダレ店”豊田勇氏が色紙を飾れる簾の壁掛け作りを、「凧作り」は、明治から続く東京深川の“小川凧店”の小川光男氏が空高く舞う凧作りをレクチャーいたします。現代ではなかなか触れ合う機会も少なくなってきた江戸の生活工芸づくりを通して、現代に受け継がれる技術に込められた知恵や意味を感じ、江戸へタイムスリップしたかのような職人体験をお愉しみください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング