主婦の友社、JBpressと共同で電子新書シリーズを刊行

PR TIMES / 2014年11月20日 10時6分

従来の出版プロセスと異なる 「ウェブ・コンテンツ」→「電子書籍」→「オンデマンド本」→「書籍」 すなわち「htmlデータ」→「EPUBデータ」→「DTPデータ」 のデータ変換ソリューションを構築

株式会社主婦の友社は11月20日、株式会社日本ビジネスプレスが運営するウェブサイト「JBpress」(http://jbpress.ismedia.jp/)のコンテンツを再編集する電子新書シリーズ『JBpress新書』を新たに刊行しました。



 第一弾はJBpressサイトで人気を博した連載『若者よ、外資系はいいぞ』(祖父江基史・著)を編集・再構成したもので、第一弾デビュー特別ライト版として特別価格200円(税別)での配信です。また、12月初旬(予定)には同書のプリントオンデマンド版を『ウェブの書斎』(大日本印刷株式会社:http://www.rakuten.ne.jp/gold/shosai/)で販売開始します。続刊第二弾は『中国株式会社の研究(仮)』を12月末配信で予定しています。

 この新書シリーズは、日本屈指のビジネスメディアであるJBpressの優れたコンテンツを手軽に電子書籍の形で読みたいという声に応えて刊行されるもので、JBpressが3本柱とする「国際化」「日本再生」「地方の復権」を中心に、人気の高いコンテンツを再編集して続々配信していきます。とりわけJBpressが得意とする中国・アジア関連の経済記事はその「深さ」に定評があり、世界情勢の背景理解に必須と言えます。

 現在、日本に於いて出版社が配信する電子書籍のほとんどは、一般書籍をそのまま電子化したもの、または電子書籍オンリーのマイクロコンテンツです。しかし、『JBpress新書』はこれら従来の電子出版とはまったく真逆の新たな電子書籍・通常書籍展開プロセスをとります。

1)ウェブ上にあるすぐれたコンテンツをクイックに電子書籍化
2)大日本印刷株式会社が提供する高品質のオンデマンド本をハイブリッド販売
3)シリーズのうち人気の高いものを、さらに一般書店流通網での通常書籍として発売


 この3段階の新電子書籍展開メソッドは、今後、他のコンテンツ・ホルダー向けの電子書籍ソリューションとしても活用していく予定です。


【創刊第一弾タイトル】2014年11月20日配信
『若者よ、外資系はいいぞ 40代年収4000万になる人生設計術』
祖父江基史・著

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング