1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ティファニー、ビヨンセとジェイ・Zを起用した新たなブランドキャンペーン「ABOUT LOVE」を発表

PR TIMES / 2021年8月24日 8時45分

“愛とはダイヤモンド。それはジュエリーやアートをさらに輝かせる。”― ザ・カーターズ



[画像1: https://prtimes.jp/i/10426/346/resize/d10426-346-90a9aad7bcb0ab9447dc-0.jpg ]

ティファニーは、米音楽界のパワーカップルとして知られるビヨンセ(BEYONCÉ)とジェイ・Z(JAY-Z)を起用した、現代の愛を称える新ブランドキャンペーンを発表しました。1837年の創業以来、真実の愛のシンボルとして、世界中で素晴らしいラブストーリーを彩ってきたティファニー。「ABOUT LOVE(アバウト ラブ)」は、ブランドの新たなクリエイティブディレクションのもと制作されたキャンペーンです。今回のキャンペーンは、カーターズとティファニーがビジョンを共有することにより実現した特別なコラボレーションです。

「ビヨンセとジェイ・Zは、現代のラブストーリーの主役。まさに理想のカップルです。ティファニーは、愛、強さ、自己表現を象徴するブランドとして愛されてきました。こうした価値観を体現するカップルは、二人以外に考えられませんでした。カーターズをティファニーファミリーの一員として迎えることができて、非常に光栄に思っています。」 - アレクサンドル・アルノー/エグゼクティブ ヴァイス プレジデント プロダクツ&コミュニケーションズ

ビヨンセとジェイ・Zが二人そろってキャンペーンに起用されたのは今回が初めてですが、「ABOUT LOVE」は、人の繋がりと儚さを追求しています。ジャン=ミシェル・バスキアの作品「Equals Pi(1982年)*」を背景に、アイコニックな「ティファニー ダイヤモンド」 に照らされて、カーターズのラブストーリーが展開されます。今回のキャンペーンは、ティファニーが所有するアート作品をはじめて公の場で発表するもので、ニューヨークのクリエイターたちとのコラボレーションという長年続けてきたティファニーの伝統を引き継いでいます。新たなブランドアイデンティティを掲げ、時を超えた愛の美しさとその多様な側面を表現すると同時に、現代の愛のあり方について新たなビジョンを提示します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10426/346/resize/d10426-346-357d6a2c08c39f049cfb-2.jpg ]

ティファニー史上初めてブランドキャンペーンで着用される「ティファニーダイヤモンド」は、総重量128.54カラット、ファセット数は82面を誇ります。「ABOUT LOVE」の中でビヨンセが着用しているこのイエローダイヤモンドは、19世紀に発見されたジェムストーンの中で最も希少性の高い宝石のひとつとされています。1877年に南アフリカのキンバリー ダイヤモンド鉱山で発見されたこのダイヤモンドの原石を、その翌年に創業者チャールズ・ルイス・ティファニーが購入したことで、ダイヤモンドの権威としてのブランドの名声が確固たるものとなりました。また「ABOUT LOVE」には、ジャン・シュランバージェやティファニー T コレクションなど、ブランドのアイコンジュエリーが随所に散りばめられています。たとえば、ジェイ・Zが着用しているカフリンクスは、ジャン・シュランバージェによる名作「バード オン ア ロック」ブローチを再構築しデザインされた唯一無二のクリエイションです。ジャン・シュランバージェは、1960~70年代にかけて上流階級に人気を博したジュエリーデザイナーとして知られていました。だからこそ、ジャン・シュランバージェのユニークなデザインが、偉大なるこの二人に受け継がれているのは自然なことなのです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/10426/346/resize/d10426-346-54cd16f724820fc8a823-1.jpg ]

また、著名な映画監督であるエマニュエル・アジェイ(Emmanuel Adjei)により、往年の名曲「ムーン・リバー」をテーマソングとする映像作品も制作されました。1961年に公開された映画「ティファニーで朝食を」の主題歌として広く知られるこの名曲をビヨンセがアレンジを加えて歌い、その様子をジェイ・Zがスーパー8カメラで撮影しています。

二人が撮影の舞台として選んだのは、ロサンゼルスのオルム・ハウスと呼ばれる邸宅。この作品には、ノスタルジックな映像と映画のような夢のある画像が織り交ぜられています。バスキアによる「Equals Pi」も、ストーリーの中でティファニー ブルーを彷彿とさせる作品として再び登場します。本キャンペーンのブリント版は、メイソン・プール(Mason Poole)が撮影、ジューン・アンブローズ(June Ambrose)とマーニ・セノフォンテ(Marni Senofonte)がスタイリングを担当しました。

本キャンペーンは、ティファニーが続ける社会的マイノリティへの支援の一環でもあります。カーターズとパートナーシップを組み、ティファニーはHistorically Black Colleges and Universities (HBCU) の奨学金およびインターンシップ プログラムに200万米ドルの支援を約束します。本件の詳細に関しては、今後発表を予定しています。

このキャンペーンは、9月にティファニー公式サイトでの公開を予定しています。さらに2021年末には、著名な映像作家であるDikayl RimmaschとDerek Miltonが制作した作品も公開されます。

@TiffanyAndCo

*世界的なライセンス機関であり、著名なアーティスト、写真家、デザイナー、クリエイターを代表するクリエイティブコンサルティング会社であるArtestarとの協力によりパートナーシップを締結。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング