1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ふるなび限定】「ふるなびカタログ」に新たに2自治体が掲載開始!

PR TIMES / 2021年9月2日 14時15分

~“あとでゆっくり選べる、ポイント制ふるさと納税”「ふるなびカタログ」~

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証一部 )が運営するふるさと納税サイト「ふるなび」( https://furunavi.jp/ )は、2021年9月1日より、「ふるなびカタログ」( https://furunavi.jp/catalog )にて新たに京都府南丹市と兵庫県南あわじ市の提携を開始しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7821/352/resize/d7821-352-fd471af7f76aec805aa7-0.jpg ]

「ふるなびカタログ」は、ふるさと納税を行う先の自治体のポイントが付与され、ポイントを利用して、後から特産品を選べるポイント貯蓄型の寄附方法を採用しています。

ポイントは、有効期限がない(※)ため、ふるさと納税した後、急がずゆっくりと特産品を選択できる他、翌年のふるさと納税で更にポイントへ寄附を行い、積み立てて大きな金額の特産品を選択することも可能です。また、ポイントの利用は時期を選ばないため、保持するポイントで、四季に応じて最旬の特産品を受け取ることができます。年末の忙しい時期に急いでふるさと納税の返礼品を選ぶ手間もありません。
(※)一部有効期限のある自治体があります。

2019年10月17日のサービスリリース以来、計29自治体にご提携いただき、お肉や魚介、果物やお米など、ユーザー様がふるさと納税をより楽しめる豊富なラインナップとなっています。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/7821/table/352_1_c95c0a36944fd93956647573aa7bebcb.jpg ]



■追加になった自治体


京都府南丹市(なんたんし)


森・里・街・ひとがきらめくふるさと『南丹市』。南丹市は、京都府の"おへそ"(ほぼ中央部)に位置する、緑豊かな自然に恵まれたまちです。京都の台所としてお米や京野菜、乳製品などを生産しています。ふるさと納税を通じて、是非、南丹市の食をお楽しみください。
https://furunavi.jp/catalog/Municipal/Detail?municipalId=1101
[画像2: https://prtimes.jp/i/7821/352/resize/d7821-352-9977ef2182e64ff49de0-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/7821/352/resize/d7821-352-1efeeced20ff152b6766-2.jpg ]




兵庫県南あわじ市(みなみあわじし)


古くから御食つ国(みけつくに)として朝廷に食材を献上してきた「淡路島」。 中でも、島の最南端にある「南あわじ市」は、有名な淡路島玉ねぎの80%以上を生産し、また、世界三大潮流のひとつ鳴門海峡のうずしおを望み、自然豊かな環境に恵まれた食のブランドの宝庫です。
https://furunavi.jp/catalog/Municipal/Detail?municipalId=1180
[画像4: https://prtimes.jp/i/7821/352/resize/d7821-352-c7fa2317fdc31bade178-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/7821/352/resize/d7821-352-95d82651052906923e7a-4.jpg ]




■ふるさと納税サイト「ふるなび」について ( https://furunavi.jp/ )
「ふるなび」では、ふるさと納税を通じて全国の市町村に寄附金を集めることで地域活性化を支援しています。
2020年、「ふるなび」は様々なふるさと納税PRをさせていただき『利用者満足度』『利用者メリット』『注目のふるさと納税サイト』の3冠を2年連続で達成することができました。(※)
(※)日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年4月期_ブランドのイメージ調査

■「ふるなび」サービス一覧
・ふるさと納税コンシェルジュサービス「ふるなびプレミアム」( https://furunavi.jp/premium/
・あとからゆっくり選べるポイント制ふるさと納税「ふるなびカタログ」( https://furunavi.jp/catalog
・ふるさと納税で旅行に行ける「ふるなびトラベル」 ( https://tp.furunavi.jp/
・クラウドファンディング型ふるさと納税サイト「ふるなびクラウドファンディング」 ( https://fcf.furunavi.jp/

【アイモバイルについて】
アイモバイルは、『“ひとの未来に貢献する”マーケティングを』というビジョンを実現するために、ふるさと納税をはじめとした「コンシューマ事業」と、テクノロジーを駆使した「インターネット広告事業」の2つの領域で成長しているマーケティングカンパニーです。

【株式会社アイモバイル 会社概要】
社名 : 株式会社アイモバイル
所在地: 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟
代表者: 代表取締役社長 野口 哲也
設立 : 2007年8月17日
URL  : https://www.i-mobile.co.jp/

【本リリースに関するお問合せ】
株式会社アイモバイル
事業企画本部 自治体サービス事業部
TEL : 03-6674-5604
※現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としたテレワークを実施しているため、お電話でのご対応を一時停止しています。
Mail: support@furunavi.jp
※メディア関係者様は以下の専用お問合せフォームよりご連絡ください。
https://furunavi.jp/Faq/Contact/Media )

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング