平成25年度『「省エネ大賞(省エネ事例部門)で「経済産業大臣賞(CGO・企業等分野)」』2年連続受賞(ニュースレター)

PR TIMES / 2014年1月22日 15時18分

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、一般財団法人 省エネルギーセンター主催の平成25年度「省エネ大賞(省エネ事例部門)」において、「次世代省エネ工場の商品化に向けて~自社工場でのエネルギー最小化(MIN(※1))への取組み~」が評価され、最高位である「経済産業大臣賞(CGO(※2)・企業等分野)」を受賞しました。
 これにより、当社は同賞初の2年連続受賞となります。



 当社では、CGO(環境担当役員)のリーダーシップのもと、生産部門と開発・設計部門が連携して省エネ活動を進め、2012年度、工場全体で売上高あたりのCO2排出量を2005年度比48%削減、特に当社モデル工場(九州工場)では64%削減しました。
 そしてモデル工場での実証実験を経て、次世代環境配慮型工場「D's SMART FACTORY(ディーズ スマート ファクトリー)」を商品化させ、広くお客さまへ提案・普及を進めた実績が評価され、受賞することとなりました。
※1.エネルギーの最小化。(M:Material・Method・Machine・Man/Management、I:Information、N:Natural energy)
※2.Chief Green Officerの略。経営の視点から事業全体を俯瞰して、省エネルギー活動・環境管理を統括する責任者のこと。

<省エネ大賞>
 本表彰は、一般財団法人省エネルギーセンターが実施(後援:経済産業省)しているもので、国内の産業・業務・運輸部門に属する企業、工場、事業場等の省エネルギーを推進している事業者及び省エネルギー性に優れた製品を開発した事業者の活動を表彰することにより、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進、省エネルギー産業の発展及び省エネルギー型社会の構築に寄与することを目的としたものです。

●ポイント
 1. 工場全体で売上高あたりのCO2排出量を2005年度比48%削減、モデル工場では64%削減
 2.環境配慮型工場「D's SMART FACTORY」の商品化

1.工場全体で売上高あたりのCO2排出量を2005年度比48%削減、モデル工場では64%削減
 当社では、2011年に策定した「環境中長期ビジョン2020」に基づき、2020年までに自社工場のCO2排出量(総量)2005年度比50%削減を目指す「Smart-Eco Project」を推進しています。
 工場においては、生産部門と開発・設計部門が連携して5つの省エネ活動を展開することでエネルギーの最小化を図り、2012年度、全国の10工場で売上高あたりのCO2排出量を2005年度比48%削減、特に当社モデル工場(九州工場)では64%削減しました。
●5つの省エネ活動
1.材料・工法の改善による省エネ
  電着塗料を常時ポンプ攪拌が不要となる新開発の塗料に変更
2.生産設備の改善による省エネ
  汎用設備のモーターに、インバータ(※3)を導入し、加工時間以外のモーター出力を削減
3.自然エネルギー利用による省エネ
  窓の位置や高さを工夫し、風の流れを利用した排熱システムを構築
  太陽エネルギーから電気と湯水を同時に作る技術を導入
4.情報の活用による省エネ
  FEMS(※4)を活用して情報と課題を共有し、改善
5.人・組織の改善による省エネ
  現場改善を人・組織を通じてグループ全体へ展開
※3.直流を交流に変換する装置。
※4.Factory Energy Management Systemの略で、工場の設備機器等の運転状態やエネルギー消費量を計測し、生産進捗や作業環境情報を加えることで、エネルギーの削減と生産性向上を図るためのシステム。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング