【プレスリリース】南スーダン・栄養危機 急性栄養不良率30%以上の地域も

PR TIMES / 2014年9月24日 15時52分

日本人スタッフ3名活動中



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会が独自に翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_75997.html でご覧いただけます

【2014年9月24日 ジュバ(南スーダン)発】

9月23日、総合的食料安全保障レベル分類 (Integrated Food Security Phase
Classification, 略称IPC)の専門家グループは、南スーダンの食料安全保障は一時的
に改善しているものの、何万人もの5歳未満の子どもたちが栄養不良に関連して死亡
する恐れがあると発表しました。

食料安全保障の改善は、病気の罹患率が高く、安全な水と基本的な保健ケアを受け
られないことから、特に幼い子どもたちの栄養不良の改善に反映されません。
食糧へのアクセスが改善しても、子どもたちは引き続き、栄養不良の危険にさらされ
ます。紛争地域のうち、特に国内で避難生活を送る140万人-そのうちの半数以上は
子どもたち-は、最も危険な状況にあります。

南スーダンのほとんどの場所では、栄養不良率は極めて深刻な段階にあります。
紛争で避難生活を送っている人が多くいる地域の中には、子どもの急性栄養不良率
が30%を上回っている地域もあります。これは、緊急レベルと公に認識されるものの
2倍以上にあたる高い割合です。現地は治安が悪い上に雨季であることから、国内の
ほとんどすべての道路が寸断されています。そのため、栄養不良の子どもたちに
人道支援を届けることは、極めて困難です。

ユニセフ・南スーダン事務所 代表のジョナサン・ヴェイチは「栄養不良の子ども
たちのうち、支援を届けられない何千人もの子どもたちが極めて危険な状況
にあります。乾季の訪れと通行可能な道路を使って、栄養不良の子どもたちの治療
のための物資の備蓄を行わねばなりません。また、こうしたタイミングで、支援を
加速させることも重要です」と述べました。

総合的食料安全保障レベル分類(IPC)の分析では、2014年9月~12月にかけて、
150万人が「食料安全保障における危機または緊急レベル」におかれると予想されて
います。南スーダンは、今後数カ月が収穫期にあたることから、最新の予想では
状況の改善を見込んでいます。さらに、IPCは人道支援の改善が予想される地域
もあるとしています。

一方、IPCは2015年の見通しは引き続き大きな懸念であると警告し、2015年1月~
3月期には、250万人が「食糧安全保障における危機または緊急レベル」に置かれる
と指摘。IPCの予想は2015年3月までとなっていますが、南スーダンは例年5月が
農閑期のピークとなっており、食糧事情は悪化すると思われます。子どもたちは
食糧不足の影響を最も受けやすく、農閑期になれば、栄養不良の更なる脅威に
さらされることになります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング