女性が仕事中にもっともストレスを感じるのは 上司・同僚との人間関係。 女性の転職活動調査 ~「仕事のストレス」を発表~

PR TIMES / 2014年8月8日 11時6分

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「エン ウィメンズワーク」( http://women.en-japan.com/ )上で、サイト利用者の女性649名を対象に「仕事のストレス」をテーマにアンケートを行いました。以下、概要をご報告いたします。



■調査結果概要

安倍政権で「女性が輝く日本へ」と掲げられ、8月5日には女性活用企業を補助金申請や公共事業の調達などで優遇する指針が策定されました。優秀な女性の採用・活躍推進・定着支援はどこの企業でもテーマとなっています。女性が働きやすい職場環境をつくるにあたり、当の女性たちに「仕事でどの程度ストレスを感じるか」伺ったところ、全体では72%の方が、ストレスを強く感じていることが分かりました。

転職を考えてサイトを利用している女性が調査対象のため「仕事のストレスが転職を考えるきっかけになったか」を伺うと「大きなきっかけになった」という回答が半数近くを占め、「多少はきっかけになった」という回答も合わせると、84%にのぼりました。具体的に、もっとも大きなストレスを感じるのは「上司との人間関係」(19%)、次に「同僚との人間関係」(15%)。その他、お客様や後輩・部下なども含めると4割以上の方が、人間関係でもっともストレスを抱えているようです。円滑なコミュニケーションが行われる職場の風土作りは、女性活用を考える企業にとって必須と言えそうです。


■調査結果詳細

1:仕事で72%の女性がストレスを感じている。


「現在のお仕事(離職中の方は前職)で、どの程度ストレスを感じますか?」という質問をしたところ、「非常に強く感じる」(29%)「強く感じる」(43%)と72%の方がストレスを感じていることが分かりました。年代別では、30代が76%と最も高く、40代は62%と一気に数値が減少します。


2:仕事で感じるストレスがきっかけで転職を考えた女性は84%。


「仕事で感じたストレスは、転職を考えるきっかけになりましたか?」と伺ったところ、「大きなきっかけになった」(48%)「多少はきっかけになった」(36%)と84%の方が回答しました。大多数の方にとって、仕事中のストレスは、転職のきっかけになりうるようです。


3:仕事で最も大きなストレスを感じるのは「上司との人間関係」。
  第2位の「同僚との人間関係」は、年代別で異なる傾向に。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング