1/3.06型 13メガピクセルSmartFSIイメージセンサを開発

PR TIMES / 2012年9月20日 16時23分



パナソニック株式会社デバイス社は、高感度・低ノイズ・高色再現性を実現する
SmartFSI※1イメージセンサを開発し、デジタルカメラ向けに14メガピクセル品および16メガピクセル品を量産※2しています。今回、スマートフォンやタブレットのカメラを高画質化・薄型化する1/3.06型13メガピクセルSmartFSI※1イメージセンサを開発し、2012年12月より量産開始します。

【効 果】
本製品を使用することにより、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末に搭載されるカメラをデジタルカメラ並みの高S/N[1]・高色再現性を実現するとともに、さらに薄型化することができます。

【特 長】
本製品は以下の特長を有しております。

1.業界トップレベル※3の高感度3230el/lx/sec/um2を実現することにより、スマートフォンなどのモバイル端末搭載カメラの高画素化が可能

SmartFSI※1技術は、画素ごとに光隔壁[2]と光導波路[3]からなる当社独自の集光構造です。今回、この当社独自の集光構造に加え、フォトダイオード構造の進化を図りました。
この結果、画素面積が1.77um2から1.25um2と71%に縮小したにも関わらず、従来※4の3200 el/lx/sec/um2から3230el/lx/sec/um2と業界トップレベル※3の高感度を維持しました。

2.画素アンプ[4]の高感度化とトランジスタの低ノイズ化により、従来比2倍※4の高S/Nを実現するとともに、当社独自の集光構造と偽色[5]が少なく色再現の良いRGB(赤/緑/青)画素配列により、デジタルカメラ並みの高S/Nと高色再現性を実現し、暗所でも明るくかつ被写体の色を忠実に再現可能

夜景や暗い室内での撮影では、カメラの感度を上げて撮影する必要があります。感度を上げると撮影した画像は明るくなりますが、ノイズの影響が目立ち、ざらつき感が出てきます。今回のSmartFSI※1では、画素アンプのノイズを従来の50%※4に低減しました。この結果、感度を2倍に高感度化したことと等価の従来比2倍※4のS/Nを実現し、夜景や暗い室内でも細部まで高い解像感を保ったまま撮影することが可能となりました。このことにより、画素面積を小さくしながらでも、デジタルカメラ並みの高S/Nと高色再現性を実現しました。

3.当社独自の集光構造の特長を活かし、集光性能としての入射角を拡大することにより、カメラモジュールの厚さを薄型化が可能

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング