3月31日発売!【ディズニーアニメーション大全集 新版】 ディズニー&ピクサーアニメのすべてがわかる一冊!

PR TIMES / 2014年3月28日 10時42分

製作スタッフやキャラクター名まで完璧に網羅されているのは、本書だけ!



現在の世界各地のパークの隆盛をはじめ、
ウォルト・ディズニーの「奇跡」は、アニメーションからすべてがスタートしています。

この、ディズニーの「魂」「原点」とも言えるアニメーションの大全集を
過去3回(1992年、2001年、2008年)刊行してきました。
講談社では、ロング&ベストセラーとして定着している
「ディズニーアニメーション大全集 新版」を、3月31日発売します。

今回は2013年までのディズニーとピクサーの作品はもちろん、2016年までの新作情報を加え、
中編や短編アニメも前回以上に充実させました。
「ディズニーアニメーション87年の歴史が詰まっている」
全く新しい大全集となります。アニメ作品が累積される関係で、毎回ボリュームは増えています。

また、東京ディズニーリゾートのキャラクターは見知っていても、アニメ・キャラクターは知らない若い世代にも
理解しやすいように、まず検索のしやすさ(これだけで32P!)に配慮し、
全体のデザインや構成にも工夫を凝らして一新しました。
収録画像がとても多く、見やすく、新旧のディズニーファンの心を揺さぶり愛蔵に適した新アニメ全集を
出版すべく編集に取り組み、誕生したのが本書です。
また監修は、2008年までが=故柳生すみまろ氏、それ以降は=デイヴ・スミス氏が担当しました。
☆デイヴ・スミス氏は、1970年ディズニー社の膨大な資料などを保存・管理する「ウォルト・ディズニー・
アーカイブス」を設立。2010年まで館長を務め、現在はウォルト・ディズニー・カンパニーの相談役のほか、
執筆活動、講演などで活躍。ディズニー関連のデータを知り尽くしたエキスパートです。

【本書の特長】

●ディズニーのアニメーションを「オズワルド」「ミッキー」から「アナと雪の女王」まで(ミッキー以前のアニメから最新のものまで)網羅し、解説。

●劇場上映されなかったアニメーションも多数収録(ビデオのみ、テレビのみ等)

●キャラクター事典としても使える豊富な情報と図版類(日本語、英語両方で掲載)

●主要なディズニー楽曲を載せ、音楽事典としても活用できる

●アメリカのディズニー・アーカイブの資料も掲載

●日本と世界のディズニー研究の最高峰、柳生すみまろ氏+デイヴ・スミス氏が共同監修

●2015年、2016年公開のアニメーションも紹介!

貴媒体には、本書に関連したご取材(デイヴ・スミス氏の英語取材も可能性あり)、書評ご紹介、読者プレゼント(要ご相談)等を、ご検討願えれば有り難く存じます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング