モバイル機器の稼働時間をより正確に把握するバッテリ残量表示ICを発表

PR TIMES / 2013年2月20日 10時20分

~革新的な充放電状態のモニタリングで、バッテリの正確な残量を測定~



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、標準アナログ
ICの主要サプライヤであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)
は、高精度な計測を可能にする特許取得済み技術を採用した最新のバッテリ残量
表示ICを発表しました。超小型パッケージを採用したSTC3115は多くの携帯型
機器に使用でき、Samsung社の新しいスマートフォンの一部機種で採用されてい
ます。残量表示機能は、スマートフォン、タブレット、デジタル・カメラ等の
電子機器ではすでに基本的な機能となっています。「残りの駆動時間」を正確に
知らせることでユーザの利便性が向上し、医療機器などの一部の携帯型機器に
とっては必要不可欠な機能となっています。しかし、現在、多くの残量メータが、
バッテリ寿命、充電効率の低下、システムの電力需要のバラツキ、温度効果等
から生じるエラーの影響を受けやすくなっています。

最新のバッテリ残量表示ICであるSTC3115は、残量をより正確に測定するため、
複数の高度な機能を搭載しています。現在までの主要デバイスは、バッテリへ
入出力される電力のクーロンを使用したモニタ、もしくはクーロン・カウンタの
精度を調整するための電圧モードで定期的に充電状態を測定してきました。
STC3115では、充放電状態を把握しバッテリ・モデルを適切な状態に補正する
OptimGauge(TM)という特別なアルゴリズムが、両方の測定手法を選択しながら
継続的に測定を行います。

STC3115は、バッテリのOCV(開回路電圧)を最初に測定する際、充電ICの起動
やシステム起動を制御し、正しい状態でバッテリのOCVを測定する事が可能なため、
バッテリが接続された直後の測定精度が大幅に向上します。その他、経年劣化と
温度を補正する機能が内蔵され、電圧測定精度は0.25%です。

STC3115の付加機能には、バッテリ・モニタの実行と同時に、動作電流を45uAに
抑える低消費電力モードがあります。スタンバイ・モードでは2uAです。
UVLO(Under-Voltage Lockout)フィルタは、短期的変動からバッテリ電圧を
守り、不必要なシステム・リセットが発生しないようにします。さらにバッテリ
電圧から直接動作させることができるSTC3115は、専用の電圧レギュレータが
不要なため、部材コストを節約できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング