世界最小※1、1Wグリーンレーザユニットを開発

PR TIMES / 2012年9月25日 15時31分



パナソニック プレシジョンデバイス株式会社は、高輝度マイクロプロジェクタなどに適した、出力1W(ワットクラス)としては世界最小※1となる「グリーンSHG[1]レーザユニット」を開発しました。

(※1)2012年9月25日現在 出力1WのグリーンSHGレーザユニットにおいて(当社調べ)

【効 果】
近年、LEDやレーザを光源に用いた小型・軽量のマイクロプロジェクタの高輝度化への要望の高まりなどから、小型・高出力のグリーンレーザ光源へのニーズが高まっています。当社では、このたび市場の拡大が見込まれるマイクロプロジェクタに搭載可能な小型(約2cc)で1Wの出力を持つ「グリーンSHGレーザユニット」を開発いたしました。なお、本製品は2012年10月2日から6日まで千葉県の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2012」のパナソニック デバイスブースに参考出品いたします。

【特 長】
本製品は以下の特長を有しております。

1.世界最小サイズで1Wの高出力を実現したことで、小型で高出力の機器が実現可能になります。マイクロプロジェクタに応用すれば100ルーメンクラスの高輝度が実現できます。

従来の波長変換素子は温度変化により歪みが発生しやすく、素子の温度が20~30℃程度の狭い範囲でしか安定動作しないため、レーザ出力が高い場合、素子の温度上昇を防ぐための冷却装置が必要でした。このため当社は素子の構造を改良し、素子温度20~60℃の範囲で安定的に動作する独自構造の波長変換素子を開発いたしました。このため、1Wという高出力でも冷却装置が不要となり、約2ccという極めて小さなサイズを実現しました。

2.業界最高水準※1の電気から光への変換効率[2]を実現したことで機器の低消費電力化に貢献します。

電気から光への変換効率を低下させる要因の一つであるレーザ光が波長変換素子を通過する際の材料構造の不均一による減衰を抑えるため、均質性を向上した構造形成手法を独自開発し赤外レーザ光からグリーン光への変換効率を高めた波長変換素子を実現しました。その結果、本ユニットに供給する電気エネルギーからグリーンレーザ光への変換効率を業界最高水準の10%にすることが可能となりました。これまでのSHG※2(変換効率が4~5%)に比べ、低消費電力化を実現しています。

(※2)当社従来品

3.高品位の光学系設計技術により安定的に高出力のグリーンレーザを発振できるため高性能の機器が実現できます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング