アニメ・コミックのファン層に「田舎への憧れ」!? 「のんのんびより」現象とは?

PR TIMES / 2013年11月23日 11時3分

メディアファクトリー ブランドカンパニー

10月からのTVアニメが好評でOAD化も決定した『のんのんびより』(原作:アライブ コミックス)。全校生徒たった5人の旭丘分校を舞台に、少女たちの田舎暮らしを描いた本作がコミックやアニメのファン層に小さな社会現象を巻き起こしている!?



「スマホ疲れ、SNS疲れが癒される・・・」「聖地を探すために電話で町村役場に問い合わせた」などなど・・・プチ社会現象に!?

10月スタートのTVアニメが好評で、オリジナルアニメDVDの制作も決定した『のんのんびより』(原作:アライブ コミックス)。全校生徒たった5人の旭丘分校を舞台に、少女たちの田舎暮らしを描いた本作が、コミックやアニメのファン層に小さな社会現象を巻き起こしている。ファンからは「味噌汁の具にトマトを入れるとはド肝を抜かれた!田舎ってスゲー!」(17歳・男性・学生)、「ゆっくりすぎる時間の流れに癒されます」(22歳・男性・学生)、「たまにはSNSやスマホを忘れて、田舎でのんびりしたくなった」(31歳・男性・会社員)など、『のんのんびより』を通じて「田舎への憧れ」が湧きおこっている。そうした田舎への憧れは「聖地探し」へエスカレートし、日本各地の町村役場に「『のんのんびより』の舞台は、そちらですか?」という問い合わせ電話がかかったことも・・・。(本作の舞台設定はあくまでフィクション)。また、作中で頻出する「にゃんぱすー」というセリフがWEB上で話題となり、ニャンパス株式会社と「まんがStyle.」を巻き込んだカワイイ騒動に発展するなど(※「まんがStyle.」記事 http://manga-style.jp/press/?p=5652) 今後も「のんのんびより現象」から目がはなせない!


書店でも目立つ場所に!


写真は、コミックス売れ行き好調につき、「鬼積み」展開しているアニメイト秋葉原の店頭。


コミックス6巻すべて重版決定!

『のんのんびより』の舞台となる、とある田舎の学校「旭丘分校」は中高生すべての学年あわせて生徒は5人のみ。そんな田舎ならではの「なんにもない」毎日の楽しさを描くスローライフ・コメディ。売れ行き好調につき11月上旬、1.~6.巻の大量重版決定!


『のんのんびより』 1.~6.巻

作:あっと

定価:各550円(税込)

http://goo.gl/jb23SU


▼ 『のんのんびより』 原作コミックス 公式HP
   http://www.mediafactory.co.jp/comic-alive/non-non-biyori/


▼ 『のんのんびより』 TVアニメ 公式HP 
   http://www.nonnontv.com/


<この商品に関するお客様からのお問い合わせ先>
メディアファクトリー カスタマーサポートセンター
TEL 0570-002-001
月~金曜日 10:00~18:00(祝日を除く)
URL  mediafactory.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング