『定本 黒部の山賊』刊行記念 伊藤正一氏トークイベント開催

PR TIMES / 2014年6月3日 11時49分



インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、『定本 黒部の山賊』の刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。
終戦後間もない昭和20年代、北アルプスの最奥部・黒部源流域の山小屋、三俣山荘を経営することになり、長く黒部の登山を支えてきた伊藤正一氏。その経験に基づく驚天動地の昔話を語った著書は、評判はありながら、近年は山小屋でのみ購入できる幻の名著となっていました。
その名著を、今回『定本 黒部の山賊』として復刻しましたが、刊行を記念して、トークイベント(講演会)を開催いたします。
本には載っていない、その後の黒部や山賊の話が聞けるかもしれない絶好のチャンスです。読者の方の参加はもちろん、マスコミの方の取材もお待ちしています。

【イベント概要】
『伊藤正一さん 講演会』
― 北アルプスの最奥地・黒部源流の記憶を語る―
日時:2014年6月15日(日) 14時から(13時30分開場)
場所:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー
参加:無料
定員:80名(申込先着順受付)
申込方法:八重洲ブックセンター1階カウンター、もしくは
電話03-3281-8201でお申込みください。
主催:八重洲ブックセンター 協賛:山と溪谷社


【伊藤正一氏プロフィール】
大正12(1923)年、長野県松本生まれ。8歳のとき木曾御嶽へ登って以来、北アルプスをくまなく歩いて現在にいたる。昭和21年、三俣蓮華小屋(現在の三俣山荘)、水晶小屋を譲り受け、「山賊」と呼ばれた仲間たちの協力を得て、湯俣山荘、雲ノ平山荘を次々と建設し、昭和31年には北アルプス最後の楽園「雲ノ平」への最短ルート、伊藤新道(現在、一般登山道としては使われていません)を独力で完成させた。日本勤労者山岳連盟創設者として、大衆登山発展のために熱意を注いできた。

【山と溪谷社】 http://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
以上
________________________________________

【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 担当:出版営業部 増田
〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-11 住友不動産九段北ビル8階
TEL03-6744-1904 メールinfo@yamakei.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング