『青空文庫POD』第二弾 今では手に入りにくい隠れ名作セレクション100! -アクセシビリティに配慮したポケット版/シニア版/大活字版の各刊3サイズで発売-

PR TIMES / 2014年6月3日 10時22分



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を用い、ボランティアで運営されているインターネットの図書館「青空文庫」のプリント・オンデマド版を『青空文庫POD』のブランドで提供しています。
今回の第二弾では、明治から昭和にかけての文豪の作品の中から、太宰治の「彼は昔の彼ならず」、坂口安吾の「ヤミ論語」、夢野久作の「いなか、の、じけん」をはじめ隠れた名著100作品をセレクト。第一弾と同様に、ポケット版/シニア版/大活字版の3サイズ300点を「Amazon.co.jp」(「青空文庫POD」ページ:http://www.amazon.co.jp/aozora)、および三省堂書店オンデマンド(ポケット版は除く)で販売致しました。
今後も1万2,00点以上の登録作品の中から埋もれた名著を掘り起し、可能な限り全タイトルの発行を目指します。


『青空文庫POD』第二弾100タイトルの中の代表作
(「彼は昔の彼ならず」 太宰治、「ヤミ論語」 坂口安吾、「いなか、の、じけん」 夢野久作 )

【企画主旨】
ほとんどの作品が各作家の個人全集には掲載されているものの、一般には(書店はもちろんオンラインでも)入手しにくく読むことの難しいものばかりです。
明治、大正、昭和前期に渉るこれらの著作物は、けっして古臭いものではありません。漱石、鴎外はもちろんのこと、坂口安吾、織田作之助ほか、現代に通じる深い思索、卓見、巧妙な文章に溢れ、ご一読いただければ、必ず人生における「人と世界と人生における何か」を発見できることでしょう。
『青空文庫POD』では、こうした埋もれた名著を掘り起し、読者に提供することが使命の重要な一つと考えています。注文に応じて1冊ずつ印刷・製本できるプリント・オンデマンド(POD)の利点とNextPublishingメソッドの自動組版技術を活用することで、既存の出版社にできなかったシームレスな出版形態が可能になりました。可能な限り全タイトルの発行を目指しますのでご期待ください。
なお、『青空文庫POD』の売上の一部は「青空文庫」に還元されます。

【アクセシビリティについて】
高齢者や弱視の方などのアクセシビリティを考慮し、下記の3種類の文字サイズと判型でレイアウト(組版)し、書籍化しました。幅広い年代の多くの方に読んでほしいと願っています。
・ポケット版(文字サイズ9ポイント、A6変形判)
・シニア版 (文字サイズ10.5ポイント、四六判)
・大活字版 (文字サイズ22ポイント、B5判)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング