世界のUV-C消毒ロボット市場-タイプ別(携帯型、固定型)、アプリケーション別(病院&クリニック、バイオセーフティラボ、医薬品製造ワークショップ、その他)および地域別予測2020-2027年

PR TIMES / 2020年9月25日 17時15分

Kenneth Researchは調査レポート「世界のUV-C消毒ロボット市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年9月 23日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-uv-c-disinfection-robot-market/10328135




[画像: https://prtimes.jp/i/59861/376/resize/d59861-376-777095-0.jpg ]


調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

UV-C消毒ロボットは、細菌を駆除するために紫外線を利用するロボットシステムの一種です。UV-Cは、波長が200~280ナノメートル(nm)の紫外線として定義されます。短波長UV-Cは有害なタイプのUVエネルギーであるため、ウイルス、細菌による伝染病の蔓延を防ぎ、表面を消毒するためによく使用されます。UV-Cライトで開発されたロボットは、一貫した洗浄サイクルの一部として使用されます。これにより、ウイルス、細菌、およびその他の種類の有害な有機微生物による大気中の伝染病の蔓延を防止および軽減できます。ロボットによる消毒は安全で信頼性が高く、人間の不正確さを減らします。

世界のUV-C消毒ロボット市場は、2019年に約1億7,300万米ドルと評価されており、2020~2027年の予測期間で32%以上の成長率で成長すると予想されています。

さらに、最近の世界中でのCOVID-19の発生により、さまざまな地方政府が安全衛生対策や医療用ロボットを採用するように強く要求されました。医療専門家は手を使わずに新しいコロナウイルスの蔓延を防ぐ方法を模索しており、UV-Cロボットは、周囲の細菌を消毒することで、新しいコロナウイルスの蔓延を調整するのに役立ちます。したがって、最近のCOVID-19などの感染症の有病率の上昇と、感染を効率的に制御するためのロボット分野の技術開発は、予測期間中の市場成長の原因となる他のいくつかの要因です。

世界保健機関(WHO)によると、2020年7月6日の時点で、COVID-19症例の世界的な数は、2020年4月4日で約100万人、59,285人が死亡しています。2020年7月6日の死者数は532,340人で、さらに約1,130万人に達した。これにより、世界中のUV-C消毒ロボットの需要が加速すると予想されます。しかし、UV-C消毒ロボットの高コストは、2020-2027年の予測期間にわたって市場の成長を阻害する主な要因の一つです。

アジア太平洋地域は、2020-2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示す
世界のUV-C消毒ロボット市場場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。北米は、新しいUV-C消毒ロボットの開発への多額の投資と、地域での重要なベンダーの大規模なプレゼンスにより、市場シェアの点で世界で最も重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は、2020-2027年の予測期間にわたって最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。感染症の有病率の上昇や、院内感染(HAI)を削減するための厳格な政府の対策などの要因により、アジア太平洋地域全体のUV-C消毒ロボット市場に有利な成長見通しが生まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10328135

世界のUV-C消毒ロボット市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。


世界のUV-C消毒ロボット市場は、タイプ別(携帯型、固定型)、アプリケーション別(病院&クリニック、バイオセーフティラボ、医薬品製造ワークショップ、その他)および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界のUV-C消毒ロボット市場」というタイトルのレポートは、世界のUV-C消毒ロボット市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界のUV-C消毒ロボット市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界のUV-C消毒ロボット市場における業界のリーダーはThe Clorox Company、Xenex Disinfection Services LLC、UVD Robots ApS、Tru-D SmartUVC, LLC、Hipac Healthcare Pty Ltd、Finsen Technologies Ltd、Surfacide, LLC、RobotLAB Inc.、Diversey, Inc.、Rockubotなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング