環境配慮型次世代オフィス「大和ハウス富山ビル」竣工

PR TIMES / 2014年4月11日 14時0分

■当社初 ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業採択建築物

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2013年9月より、富山市の割烹「銀鱗」跡地において環境配慮型次世代オフィス「大和ハウス富山ビル」の建設を進めてまいりましたが、このたび2014年4月11日(金)に竣工しました。



当社は、法人のお客さま向けの建築物について、2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」(運用時のCO2排出量ゼロ)を目指す「Smart-Eco Project(スマートエコプロジェクト)」をスタートさせ、その第1弾としてCO2排出量を最大約50%※1削減可能な環境配慮型のオフィス「D’s SMART OFFICE(ディーズ スマート オフィス)」を2011年7月より販売し、好評をいただいています。そしてこのたび、プロジェクト第10弾として、環境配慮型次世代オフィス「大和ハウス富山ビル」の運用を開始することになりました。

当ビルは、経済産業省が実施した、平成25年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業」※2に当社事務所ビルとして初めて採択された建築物です。屋上と壁面には、24.5kWの太陽光発電システムを設置。ピークカット、BCP対策として15kWhのリチウムイオン蓄電池を導入した他、壁面緑化等の環境アイテムを設置することができる多機能タイプの外装フレーム「D’s フレーム」等の環境配慮技術を導入しています。今回採用した環境配慮技術を、次世代オフィスの開発に活用していくとともに、当事務所をショールームとしても活用していきます。
※1. 1990年当時の当社建築物と比較した場合(当社試算による)。
※2. ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル:エネルギー消費が差し引きゼロのビル。)に資するような高性能設備機器等を導入し、省エネルギー性能の高い建物の既築、新築、増築及び改築を行う建築主等へ支援するもの。

●ポイント
1.CO2排出量を約50%削減できる環境性能
2.多機能タイプの外装フレームなど、自然の力を活かす「パッシブコントロール」
3.太陽光発電システムによる創エネや高効率な設備による「アクティブコントロール」
4.BEMSを活用した「パッシブ」「アクティブ」を適正に制御する「スマートマネジメント」
5.BCP対策として、15kWhのリチウムイオン蓄電池を導入

1.CO2排出量を約50%削減できる環境性能
「大和ハウス富山ビル」では、自然の力を活かす「パッシブコントロール」や創エネ・省エネを行う「アクティブコントロール」、それらを適正に制御する「スマートマネジメント」を組み合わせることにより、1990年当時の平均的なオフィスビルと比較してCO2排出量を約50%削減できます。
また、建築物総合環境性能評価システム「CASBEE新築2010年版」で最高評価「Sランク」(自己評価)となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング