6月1日、2016年卒の新卒学生を対象にした就活サイトをプレオープン 相互マッチング型就活サイト『JOBRASS新卒2016』をスタート

PR TIMES / 2014年6月2日 14時20分

~企業から学生へ、選考オファー特化型のサイトへ生まれ変わります~

株式会社アイデム(本社:新宿区新宿/代表取締役社長:椛山亮)は、2016年3月卒業予定の学生を対象とした相互マッチング型就活サイト『JOBRASS(ジョブラス)新卒2016』(http://gakusei.jobrass.com/2016/)のプレサイトを2014年6月1日(日)にオープンしました。プレサイトでは、学生の会員登録、プロフィールの作成、インターンシップへの参加、昨年の情報からみる企業研究、JOBRASS主催の就活イベントやセミナーへの参加などができ、就職活動の準備をサポートしています。

『JOBRASS新卒2016』は、学生・企業共に会員のみが利用できるサイトです。学生の情報は審査を受けた企業しか見ることができないため、学生にとってはより安心して使いやすいサイトへと生まれ変わりました。





『就活プロフィール』で企業からの『選考オファー』が届く

『JOBRASS新卒2016』は、学生と企業が相互に検索する相互マッチング型就職活動サイトです。特長の一つは、学生が『就活プロフィール』と呼ばれる自分のページを公開すること。学歴、資格、経験、自己PR、希望条件、作品など多様な項目を登録することができます。これにより学生は、経歴だけでは伝えきれない、学生時代に力を入れた成果などを企業にアピールすることができ、また登録過程においては自己理解を深めることができます。さらに2015年3月以降は、選考を希望する企業に学生から直接『就活プロフィール』を送ることができ、企業からは選考を受けて欲しい学生に『選考オファー』を送ることができます。


インターンシップを活用して、就職活動の準備を進められる

2016年度は、3年生の就活解禁が現行より3ヵ月繰り下げられ短期決戦となることから、インターンシップに注目が集まっています。2015年3月までのプレサイト期間は、企業のインターンシップ情報も掲載。学生はインターンシップ情報を検索して、申し込むことができます。


JOBRASS学Biz(就活キャンパス)で初めての就職活動をしっかりサポート

『JOBRASS学Biz(就活キャンパス)』では、登録学生向けに無料セミナーやイベントを開催。インターンシップの探し方に関するセミナーや、実践型のグループワークのほか、社会人の先輩である「JOBRASS就活アドバイザー」や同じ就活生の仲間が参加するイベントを通じて、初めての就職活動をしっかりサポートします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング