「旅する映画」JTBホームページにて公開

PR TIMES / 2014年12月24日 18時13分

映画をみたら旅に出たくなる! 新刊ムック「映画絶景旅!」とのコラボレーション特集

 JTBグループのe-コマース事業を担う、株式会社i.JTB(東京都品川区、代表取締役社長:今井敏行)では、JTBホームページにおいて「旅する映画」特集を2014年12月24日に公開します。



 本特集は、12月19日発売のムック「映画絶景旅!」(株式会社JTBパブリッシング刊)とのコラボレーション企画で、人気映画の海外ロケ地や舞台になった場所を10作品厳選の上、ヨーロッパ編、アジア編に分けて紹介します。
 今後公開される注目映画の情報や、「映画絶景旅!」の編集長である山本祐介氏が旅と映画の魅力を語るページも掲載します。

 映画のワンシーンに感動して、その場所に行ってみたくなるなど、映画は旅の動機づけのひとつです。行ったことのある街が舞台に出てくると、その映画への思い入れが強くなることもあります。
 本特集では、アマルフィ海岸のポジターノやラヴェッロなど有名観光地が多数登場する「アマルフィ 女神の報酬」や、ラストシーンのインドのラダック・パンゴン湖が印象的な「きっと、うまくいく」など、映画をみたら旅に出たくなるような10作品を取り上げます。
 また、12月20日に公開されたカナダが舞台の「バンクーバーの朝日」など最新の映画情報も掲載し、旅好きの人だけではなく映画好きの人にとっても興味が持てる内容になっています。

【ヨーロッパ編・アジア編で紹介している映画10選】
「アマルフィ 女神の報酬」・・・アマルフィ海岸の魅力を満喫(イタリア)
「ローマの休日」・・・スペイン階段を一気に有名にした映画(イタリア)
「ポンペイ」・・・古代都市ポンペイの街をリアルに再現(イタリア)
「それでも恋するバルセロナ」・・・美しいバルセロナの魅力が満載(スペイン)
「アマデウス」・・・舞台はウィーン、ロケ地はチェコのプラハ(チェコ)
「ラストエンペラー」・・・現在の北京・故宮博物院が舞台(中国)
「ザ・ビーチ」・・・エメラルドグリーンの美しい海タイ南部ピピ島(タイ)
「きっと、うまくいく」・・・ラストシーンのラダック・パンゴン湖が印象的(インド)
「トゥームレイダー」・・・カンボジアのアンコール遺跡一帯のロケで話題(カンボジア)
「悲情城市」・・・ランタンが灯される夜景が美しい九份(台湾)

【最新映画情報】
「バンクーバーの朝日」2014年12月20日公開(配給:東宝)
「KANO ~1931海の向こうの甲子園~」2015年1月24日公開(配給:ショウゲート)
「さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~」2015年2月28日公開(配給:東映)

【旅する映画特集URL】
http://www.jtb.co.jp/kaigai_fit/contents/travelcinemas/index.html

【新刊ムック「映画絶景旅!」(株式会社JTBパブリッシング刊)】

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング