「インフォグラフィックスPR」提供開始 ‐ PR企画・配信 × デザイン特化型クラウドソーシングで、企画・画像制作・情報発信までをワンストップ提供 ‐

PR TIMES / 2013年11月21日 13時26分

~実績第1弾はJAF様「シートベルト着用状況2013」~

PR事業を手がける株式会社ベクトル(所在地:東京都港区 代表取締役:西江肇司、東証マザーズ上場:証券コード6058)の子会社 株式会社PR TIMES(代表取締役:山口拓己、以下PR TIMES)は、企業向けクリエイティブ制作クラウドソーシングサービス「designclue business<デザインクルー ビジネス>」を提供するPurpleCow株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:柴田憲佑、以下PurpleCow)と共同企画し、2013年11月21日(木)より『インフォグラフィックスPR』のサービス提供を開始致しました。



■サービス概要
当社の『インフォグラフィックスPR』は、ニュースになるコンテンツをPR視点から企画し、リーズナブルに制作して情報流通させることを実現するサービスとして生まれました。

PRプランナーがメディアと生活者の関心を集めるテーマを企画し、「designclue business」のクリエイターがインフォグラフィックスとしてそれを具現化、そしてPR TIMESのプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を通じてニュースメディアへ情報発信します。企画・画像制作・情報発信までをワンストップ提供し、新たな情報発信機会とタッチポイントの創出、さらにターゲットへの理解促進・好感醸成に寄与します。

■実績紹介
実績第1弾として、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)様に参画いただき、2013年11月20日に「シートベルト着用状況2013」のインフォグラフィックスを公開し、情報発信致しました。訴求メッセージである「シートベルト着用の必要性」にフォーカスする内容とし、例年行われてきたシートベルト着用状況データ発表時よりも幅広いターゲットに対し認知向上と意識変容を促す構成としました。プレスリリース配信後、複数ニュースメディアにてパブリシティ獲得しており、新たなタッチポイントの創出に成功しております。

■サービス提供開始の背景等
情報データを直感的に伝わりやすいかたちに視覚表現するインフォグラフィックスは近年、ビジュアル訴求が重視されるWeb上で特に、PR手法の一つとして注目を集めています。しかし、ニュースメディアで取り上げられたり、ソーシャルメディアで共有される為には、メディアと生活者が関心を持つテーマを企画することが重要であり、その点を当社ではPRプランニングが効果的に作用できる部分であると捉えています。
また、テーマに合わせたテイスト選択やリーズナブルな制作を実現すべく、厳選された国内外のクリエイターに制作依頼できるクラウドソーシングサービス「designclue business」との共同プロジェクトとして、企画をスムーズに画像化する体制を構築しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング