ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン、「Asia's 50 Best Restaurants」に初選出

PR TIMES / 2018年3月28日 15時1分

2018年3月27日東京発:ブルガリ 東京・大阪レストラン「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」が2018年度の「Asia's 50 Best Restaurants(アジアのベストレストラン50)」に初めて選出され、28位にランクインしました。日本から11のレストランがランクインしましたが、日本在住の外国人シェフが率いるレストランとして選出された唯一のレストランとなります。



サンペレグリノ&アクアパンナ(S.Pellegrino & Acqua Panna)がスポンサーを務める努める授賞式が3月27日(火)にマカオで開催され、「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」のエグゼクティブシェフであるルカ・ファンティンが出席しました。

「Asia's 50 Best Restaurants」は、サンペレグリノ&アクアパンナ(S.Pellegrino & Acqua Panna)がスポンサーを務め、イギリスのウィリアム リード ビジネス メディア(William Reed Business Media)が主催するランキングで、今年で6回目となります。ウィリアム リード ビジネス メディアは「World’s 50 Best Restaurants(世界のベストレストラン50)」、 「[Latin America’s 50 Best Restaurants(ラテンアメリカのベストレストラン50)」も手掛けており、「Asia's 50 Best Restaurants」はレストラン業界や食に精通する300名以上のエキスパートから構成される「Asia’s Best 50 Restaurant Academy」により選出されます。
[画像: https://prtimes.jp/i/5631/384/resize/d5631-384-818877-0.jpg ]


今回の受賞はイル・リストランテ ルカ・ファンティンとしては5つ目の名誉となります。2011年にはイタリア人シェフとして、日本で初めてミシュランの星を獲得し、以来7年連続で一つ星を保持しています。2014年11月には、イタリア料理のガイドブック「イデンティタ・ゴローゼ (Identita’ Golose) 2015」より「最優秀シェフ賞」を受賞しました。2015年4月にレストランの店名を、自身の名前を冠した「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」(BVLGARI Il Ristorante Luca Fantin)に変更し、その翌年2016年から2年連続で、イタリアではレストランのバイブルとも称されるガンベロ・ロッソ(Gambero Rosso)の「トップ イタリアン レストラン」を受賞し、最高評価となるフォーク3つを獲得しました。また、「World’s 50 Best Restaurants世界のヘベストレストラン50」とダイナースクラブが主催する「The Diners Club(R)50 Best Discovery Series」にも選出されました。

ファンティンは、ローマの名店として名高いハインツ・ベックシェフ率いる「ラ・ペルゴラ(La Pergola)」など、世界各地のトップクラスのレストランで修行を積み、2009年11月にブルガリ銀座タワー「イル・リストランテ」のエグゼクティブシェフに就任しました。

ファンティンの料理スタイルの特徴は、洗練されたテクニックと豊かな創造性で最高級の日本国産の原材料を調理し、伝統的なイタリア料理の味覚を現代的な解釈で表現するところです。

ブルガリ ホテル・ミラノで開催されるグローバルな美食のイベント“エピクレア(Epicurea)”にも参加し、世界的に著名なシェフ レネ・レゼピ氏、ヴィルジリオ・マルティネス氏、成澤 由浩氏らととも共にその日限りの特別なメニューを提供いたしました。今や“エピクレア(Epicurea)”はファンティンの指揮のもと、東京およびバリのイル・リストランテ ルカ・ファンティンで毎年開催されています。

ファンティンその創造的な料理と、イタリアの建築事務所アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールによる現代的なでラグジュアリーなインテリア、またブルガリ ホテルズ & リゾーツの完璧なサービスと伝統を併せ持つブルガリというブランドのマリアージュにより、「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」は、東京で最も洗練されたイタリアン・ファインダイニング・レストランとしての地位を確立しています。


■ルカ・ファンティンについて
ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティンのエグゼクティブシェフ。イタリアはトレヴィーゾのホテル・料理専門学校を2000年に卒業後、ミラノの「クラッコ」、ローマの「グゥアルティエロ・マルケージズ・オステリア・デッロルソ」等、イタリア内外の最も著名なレストランで修行を積んだ後、スペインのミシュラン二つ星レストラン「アケラッレ」と「ムガリッツ」でのメイン料理担当を経て、2006年にはローマで唯一ミシュラン三つツ星を獲得しているハインツ・ベック氏の 名店、ラ・ペルゴラの副料理長に就任。2016年にはアスリーヌ社より「LA CUCINA DI LUCA FANTIN」(意味=ルカ・ファンティンの料理)を出版。洗練された豪華な書籍では、ファンティンの料理のレシピ、撮り下ろしたオリジナルフォト、それぞれの料理のインスピレーションの源を紹介している。

■ブルガリ ホテルズ & リゾーツについて
周辺地域に調和するユニークなロケーション、建築設計事務所アントニオ・チッテオ・パトリシア・ヴィールが手がける、伝統的なデザインと、ドラマチックでコンテンポラリーなイタリア建築との融和。常にブルガリのクリエーションを際立たせる質へのこだわりと、極上のサービス。これが、ブルガリ ホテルズ & リゾーツを特徴付ける主な要素です。
インテリアデザインはその地の伝統に深く根付いたもので、完璧なラグジュアリーへの賛辞としてあらゆるディテールに細心の注意を払うアプローチは、どのブルガリ ホテルでも変わりません。
ブルガリ ホテルズ & リゾーツのコレクションの特徴は、ブルガリらしい特色があり、且つ大胆なイタリアン・スタイルであり、独特な建築デザイン、コンテンポラリーなイタリア料理、豪華なスパに表れています。それらがブルガリブランドの持つエキサイトメント、時代を超えた魅力、そして豪奢なイタリアン・ジュエリーの伝統を伝えるのです。
ミラノ、ロンドン、バリ、北京にある4つの象徴的なホテルズ & リゾーツのコレクションから成長してきたブルガリ ホテルズ & リゾーツは、ドバイのプロパティによって更に発展します。2018年から2020年にかけて、上海、モスクワ、そしてパリに3つのブルガリ ホテルが開業を予定しています。

■ブルガリについて
ブルガリは1884年にローマに宝飾店として設立され、瞬く間にその洗練された職人の技術と豪華なジュエリーの創作によりイタリアの卓越性という評判を得ました。ブルガリの国際的な成功は世界へと展開し、多角的なブランドとして世界で比類のない店舗ネットワークを構築することにより、高級なジュエリーや時計から、アクセサリー、香水、ホテルに至るまで、高級宝飾業界の商品とサービスを多様化させました。2011年からブルガリはLVMHグループに所属しています。


【お問い合わせ先】
ブルガリ 東京・大阪レストラン  TEL: 03-6362-0555  http://www.bulgarihotels.com/ja-JP/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング