世界的に愛されているクレイ・アニメーション「ひつじのショーン」のコンセプトカフェを南町田グランベリーパークにオープン!

PR TIMES / 2019年8月8日 7時40分

~「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」~

株式会社東急レクリエーション(本社:東京都渋谷区、社長:菅野信三)は、本年11月13日にまちびらきを迎える南町田グランベリーパーク内に、世界的アニメーションスタジオ「アードマン・アニメーションズ」(イギリス、ブリストル)の製作によるクレイ・アニメーションの代表作品「ひつじのショーン」をテーマにしたコンセプトカフェ「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」をオープンいたします。



当社では、人と人とを繋ぐ場作りとしてコミュニティカフェ事業を展開しており、昨年12月には渋谷ストリーム内に、サイクルカフェ&ダイニング、アクティビティーコート「TORQUE SPICE & HERB, TABLE & COURT」をオープンしました。コミュニティカフェ事業第2店舗目となる「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」は、全世界170の国や地域で愛されているクレイ・アニメーション「ひつじのショーン」の世界観に浸りながら、キャラクターやイギリスに縁のあるメニューやグッズを取り揃え、ワークショップやイベントなどもご体験いただけます。「ひつじのショーン」のファンを中心に、様々な人々が集い、交流し、繋がる「場」を目指します。

キャラクターの世界観へより没入いただけるよう、エントランスには作中に登場する牧場主の家の外装を忠実に再現。扉を開けて中に入れば、キッチンやリビングの内装を再現したカフェスペースで作品のキャラクターの立像や人形たちがお客様をお出迎え。クレイ・アニメーションの質感やディティールにこだわった大人の雰囲気を醸しながらも、愛らしくも愉快なキャラクターたちはお子様連れのファミリーも歓迎いたします。

当社は、経営ビジョン「エンターテイメント ライフをデザインする企業へ」の実現に向け、東急グループにおける事業の連携強化を推進するとともにエンターテイメント事業領域を担う役割の拡大をはかり、今後もコミュニティカフェ事業の展開に向けて精力的に取り組んでまいります。

【店舗イメージ】


[画像1: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-367753-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-190746-1.jpg ]


【メニュー例】

[画像3: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-952874-2.jpg ]


【ひつじのショーンのアップルクランブル】
イギリスの家庭的な冬の定番スイーツ。甘酸っぱいりんごのコンポートにサクサクのクランブルをのせて焼き上げ、アイスクリームと生クリームをのせてサーブします。クランベリーソースを添えてお召し上がりください。


[画像4: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-973953-3.jpg ]


【ビッツァーのハンバーグプレート】
顔はオニオンとターメリックのピラフ、鼻はビーフハンバーグ(下に
カレーソースが隠れています)。耳はソーセージ、帽子はハーブティーで色づけしたマッシュポテト。小学生の男の子にビッツァーのファンが多いので、男の子の大好きなものをたっぷりのせて仕上げました。

[画像5: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-853285-4.jpg ]


【いたずらブタのよくばりロール】
いたずらブタが覗き込んでいる様子をロールパンのサンドイッチにしました。ブタはビーツ入りマッシュポテト。具材はカレー風味のカーネーションチキンやソーセージと野菜の煮込み、マカロニチーズなどボリューム満点!


[画像6: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-749794-5.jpg ]


【シャーリーのグラタンオムライス】
ピラフごはんにチキンとラタトゥイユをのせて卵をかぶせ、グラタンソースとチーズをたっぷりかけて焼き上げました。チーズがとろける熱々オムライスです。


【店舗概要】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/1956/table/386_1.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-771909-6.jpg ]


【南町田グランベリーパーク】
南町田グランベリーパークは、田園都市線南町田駅の南側に広がる鶴間公園と2017年2月に一時閉鎖した旧グランベリーモール跡地を中心とする約22ヘクタールのエリアについて、町田市と東京急行電鉄株式会社が連携して、郊外住宅地に魅力あふれる「新しい暮らしの拠点」を創り出す、まちづくりプロジェクトです。
約230店舗が出店する商業施設、新しいまちの玄関口となる駅や緑豊かな憩いの場の都市公園と一体となり、訪れる人それぞれにとって居心地の良い、自然と賑わいの融合した新たな時間の過ごし方を提案します。

[画像8: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-206765-7.jpg ]



【「ひつじのショーン」とは】
イギリスのアードマン・アニメーションズ製作のクレイ・アニメーション。発明家のウォレスと忠犬グルミットによる大ヒットコメディー「ウォレスとグルミット、危機一髪!」(1995 年/英)に初登場したひつじのキャラクターがショーンです。人気が出たショーンを主人公にしたスピンオフ作品として「ひつじのショーン」(2007年/英) が誕生しました。ショーンとその仲間の動物たちが牧場で巻き起こすユーモアあふれるストーリーのドタバタコメディーです。個性的なキャラクターが沢山いることも魅力のひとつで、現在では世界170の国と地域で愛されている人気の作品です。
本年は長編映画第2弾『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』
(A Shaun the Sheep Movie:Farmageddon)の公開が予定されています。
[画像9: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-872650-9.jpg ]




【アードマン・アニメーションズとは】
ピーター・ロードとデイビッド・スプロクストンにより設立された「アードマン・アニメーションズ」。ストップモーション技術を用いたクレイ・アニメーションの長い伝統を持ちアカデミー賞(R)をはじめとする世界の歴史と権威ある賞を多数受賞するなど、常に高い評価を獲得してきました。
初期の代表作である「モーフ」をはじめ、「ウォレスとグルミット」シリーズ、「チキンラン」、そして全世界170の国や地域で展開されている「ひつじのショーン」など、愛らしく愉快なキャラクターたちを生み出し、その作品たちは、世代を超えて、大人から子どもまで魅了し続けています。


[画像10: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-471685-13.jpg ]

※本リリースの画像をご使用の際は必ず以下のコピーライトを表記下さい。
[画像11: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-511377-10.png ]




※映画ポスターをご使用の際は必ず以下のコピーライトを表記下さい。
[画像12: https://prtimes.jp/i/1956/386/resize/d1956-386-973568-11.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング