「女性コミュニティにおける女性顔の魅力指標の研究」第19回日本顔学会にて東京大学と「GIRLS’TREND 研究所」の共同研究内容を発表

PR TIMES / 2014年10月28日 11時48分

プリントシール機開発を通して培った若年女性の感性・価値観に対する理解を研究に活用

 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗 以下、フリュー)が運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関「GIRLS’TREND(ガールズトレンド) 研究所」は、10月26日(日)に開催された第19回日本顔学会(フォーラム顔学2014)にて、東京大学との共同研究「女性コミュニティにおける女性顔の魅力指標の研究」の内容を発表いたしました。
 一般に魅力的だと認知される顔、つまり魅力顔については、先行研究が心理学分野を中心に多くなされておりますが、日本人女性が自身を魅力的に見せる際に目指す魅力顔とは一致しない点が多くあります。本研究では後者について、若年女性が活用するプリントシール機における画像処理を通じて、女性にとっての魅力顔の指標を明らかにすることを目的としています。





◆ 学会発表内容

【緒言】
 魅力顔に関する先行研究は心理学分野中心に多くあり,平均性,左右対称性,性的二型性などの指標があるが,女性が化粧等で目指す魅力顔とは一致しない.本研究は,女性にとっての魅力顔の指標を,多くの女性がインターネット上にアップロードする大量の写真データから,明らかにすることを目的としている.
 近年,女性が魅力的に変身する手段は,化粧の他に画像処理もさかんである.本稿では,前述した目的の第一段階として,主にゲームセンターに設置され,画像処理によって魅力的に変身する装置であるプリントシール機が作る魅力顔の指標を明らかにする.
 プリントシール機が出力する画像の多くはインターネットにアップロードされる.デジタル画像を得るための会員数は最もシェアの大きいフリュー株式会社(以下フリュー)で800万人以上あり,女子高校生の90%以上,女子大学生の70%以上を占める.プリントシール機は若年層女性にとって一般的な魅力顔を提供しているとみなせる.しかしプリントシール機の開発現場にある指標は経験知であるので,本稿ではフリューに蓄積された経験知の形式知化を目指す.
 フリューでは,開発した画像処理をユーザに提示し,反応をフィードバックして調整,再びユーザに提示することを繰り返し,ユーザが求める魅力顔に近づけている.調整は1機種に対して約8ヶ月間行われ,それを専門にする「うつり調整者」によって行われる.

【方法】
 プリントシール機の魅力顔の指標を,先行研究と比較して明らかにするため,2014年6月フリュー京都事業所において,うつり調整者の濵口真吾氏に聞き取り調査をし,出力画像の分析を行った.
 先行研究の魅力顔の指標を(1)平均性 (2)対称性 (3)性的二型性 (4)時間的普遍性とし,目,鼻,口,頬,顎の各部分に対して(1)について「日本女性の平均顔に近づける処理があるか」(2)について「左右の差を小さくする処理があるか」(3)について「女性的特徴(目:大きい 鼻:低い 口:大きい 頬:大きい 顎:小さい)と合わせる処理があるか」(4)について「大きさ,形,色等の指標が一定であるか」を分析した.

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング