元NHKキャスター堀潤の封印された問題作、書籍になってついに解禁!『変身 Metamorphosis メルトダウン後の世界』絶賛発売中!

PR TIMES / 2013年11月29日 15時24分

角川書店

堀潤著『変身 Metamorphosis メルトダウン後の世界』
発売日:2013年11月28日 定価(税込): 1,470円 頁数:208頁 体裁:四六判並製



再稼動問題に揺れる日本への警鐘!

震災後にツイッターで原発に関する発言を繰り返し、アカウント閉鎖に追い込まれた元NHKのエースキャスター、堀潤。彼はその後、米国留学し、原発に関するドキュメンタリーを制作していた。しかし、その作品は上映禁止の憂き目に。本書はそのドキュメンタリーをモチーフに、さらに深掘りした渾身のノンフィクションである。アメリカのスリーマイル、サンタスザーナ、福島と堀がメルトダウン後の世界を駆ける!


著名人らも推薦!

(坂本龍一)堀潤くん、NHKニュース番組を担当している頃から、何かひかれるものがあった。3.11以降、原発問題にふみこんだ意見を言うようになったので心配していたら、やはりNHKを辞めることになってしまった。あのままおとなしくNHKにとどまっていたら、一生後悔しただろう。NHKを飛び出してよかった。堀くんにしか描けないジャーナリズムの現在と未来を応援しています。

(岩井俊二)報道の世界に、堀潤さんのような挑戦者がいてくれた。それが奇蹟だ。大切にしないと。


【内容】
1 悔恨 報道のジレンマ / 2 忘却 活かされなかったスリーマイル島の教訓 / 3 汚染 サンタスザーナ、半世紀後の真実 / 4 隠蔽 地元に知らされなかった汚染情報 / 5 遮断 情報はいかにしてせき止められたのか / 6 告発 内部告発と原発の現場 / 7 妨害 映画の公開を嫌がる人々の「理屈」 / 8 変身 福島の今、東京の今


【著者紹介】堀 潤(ほり・じゅん)

1977年、兵庫県生まれ。立教大学文学部卒業後、2001年にNHK入局。岡山放送局を経て、「ニュースウォッチ9」リポーターに。独自取材で他局を圧倒し、報道局が特ダネに対して出す賞を4年連続5回受賞。10年、経済ニュース番組「Bizスポ」キャスターを務める。12年、米国留学し、UCLA客員研究員に。日米の原発事故を追ったドキュメンタリー映画「変身 Metamorphosis」を制作。13年4月、NHK退局。NPO法人「8bitNews」代表。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング