【プレスリリース】ユニセフ『世界子供白書2015』 初の完全デジタル版発表  

PR TIMES / 2014年11月20日 10時33分

「子どもの権利条約」が生まれて、11月20日で25年



※本信は、ユニセフ本部から提供された情報を元に日本ユニセフ協会広報室が翻訳・
編集しています。


【2014年11月20日 ニューヨーク発】
ユニセフは子どもの権利条約が採択されて25周年の記念日に『世界子供白書2015』を
発表。何百万もの子どもたちがイノベーションの恩恵から漏れないように早急な行動
が必要であると訴えます。人と人との結びつきや協力が、イノベーションを活用して
すべての子どもに到達するための新たな地球的ネットワークを勢いづかせると考えます。

今回の『世界子供白書2015』は、「未来を再考する:一人ひとりの子どものための
イノベーション」がテーマ。政府や開発の専門家、ビジネス関係者、社会運動の推進者、
コミュニティは、子どもたちが直面する最も差し迫った問題のいくつかに取り組む
ために新しいアイデアを推進するべく共に行動し、その地域にとって最善で有望な
イノベーションを拡大していくための新しい方法を見つけるよう求めています。

本報告の内容は、最先端の技術革新であるクラウド・ソーシングによって収集されて
おり、世界中の国々のイノベーションを地図上で示す双方的なデジタル・プラット
フォームを設けています。そして、イノベーターに自身のアイデアを地図上に記す
ように要請しています。


「不公正は人類と同じくらい古くからあり、イノベーションもまた、しかりです。
イノベーションはいつも人類の進化を後押ししてきました。かつてなくお互いに結び
つきのある私たちの世界で、ローカルな解決策が地球的なインパクトを与え、毎日
不平等や不正義に直面するそれぞれの国の子どもたちに恩恵を与えるのです」と、
ユニセフ事務局長のアンソニー・レークは言います。

「イノベーションが一人ひとりの子どもに恩恵を与えるために、私たちはもっと
イノベーティブでなくてはいけません。私たちは従来からの問題を解決するために
新しい発想を育む方法を改めて考えることが必要です。私たちが抱える最も難しい
問題の最善の解決策は単にトップダウンあるいは草の根レベル、あるいは一部の国の
グループまたは他のグループから出されるものではありません。そうした解決策は
新しい問題解決のネットワークやコミュニティのイノベーションからもたらされる
のです。国境を越え、分野を超え、届きにくい人に届くのです。そしてそれらは
若い人、そして子どもたち自身によりもたらされるのです」と、レーク事務局長は
言います。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング