【プレスリリース】12月1日 世界エイズデー 15歳未満の110万人、感染から守られる 

PR TIMES / 2014年11月28日 19時3分

10~19歳の青少年の死亡率は減少せず



※本信は ユニセフ本部の情報をもとに、日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです。
※原文をご入用の方は、日本ユニセフ協会広報室までお問い合わせください。

【2014年11月28日 ニューヨーク発】

ユニセフは、12月1日の世界エイズデーに向けて統計を発表。2005年から2013年の間に
110万人の15歳未満の子どもたちがHIV感染から守られ、また同年齢のHIV感染率は
50%以上減少していることが明らかになりました。一方で、治療機会の不均等や
青少年期のエイズ関連死に対する、世界的または国レベルでの取り組みが急務であると
報告しています。

このHIV/エイズの予防に関する目覚ましい進展は、何百人ものHIVと共に生きる
妊産婦が、母子感染予防(PMTCT)を目的とした保健サービスを利用できるようになった
ことによる成果です。また、母親が生涯にわたり治療を受けられるようになったことで、
乳児へのHIV感染率が減少し、母親も健康に生きられるようになりました。

ユニセフ事務局長アンソニー・レークは「110万人の子どもたちをHIV感染から防ぐ
ことができたということは、すべての子どもたちをHIVから守ることが可能だという
ことを意味しています。しかしそのためには、すべての子どもたちに支援を届ける
ことが必要不可欠です。HIVと共に生きるすべての母親、新生児、子ども、青少年期
の若者へ、予防や治療サービスを届けるプログラムにもっと多くの投資をし、格差を
縮めていかなくてはなりません」と述べます。


2009年から2013年に、最も目覚ましく減少がみられた国は、アフリカの8カ国です。
マラウイ(67%)、エチオピア(57%)、ジンバブエ(57%)、ボツワナ(57%)、ナミビア
(57%)、モザンビーク(57%)、南アフリカ共和国(52%)、ガーナ(50%)

一方で、「2015年までに子どものHIV感染を根絶し、母親が共に生きるための世界計画」
イニシアティブでは、2015年に向けて新たにHIVに感染する子どもの数を90%削減する
ことを目標に掲げましたが、いまだ達成に至っていません。2013年、低所得国と
中所得国において、HIVと共に生きる妊産婦のうち、母子感染の防止に効果的な
抗レトロウイルス薬による治療を受けた人の割合は67%でした。

低・中所得国のHIVと共に生きる人のうち、15歳以上の人たちが15歳未満の子どもよりも、
抗レトロウイルス治療(ART)を受けられる傾向にあります。2013年には、HIVと共に
生きる15歳以上の37%が治療を受けたのに対して、0歳から14歳では23%(4人にひとり)
しか受けていませんでした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング