業界初(※)PRやSNS投稿のネタ探しができるアプリ 「PRカレンダー」の無料提供開始

PR TIMES / 2014年1月6日 15時35分

PR担当者の2人に1人は「今日は何の日」を調べたことがある! 「今日は何の日」や商品発売周年がチェックできるカレンダーと メディアデータがひとつになったPRパーソン必見アプリ



PR事業を手がける株式会社ベクトル(所在地:東京都港区 代表取締役:西江肇司、東証マザーズ上場:証券コード6058)の子会社 株式会社PR TIMES(代表取締役:山口拓己、以下PR TIMES)は、マーケターや広報/PRパーソンがプロモーションやPRプランニング、またSNS投稿のアイディアや「ネタ」探しに活用できるアプリ「PRカレンダー」(iOS/Android対応)の無料提供を開始します。「PRカレンダー」には、毎日の「今日は何の日」や人気商品の発売周年を収録。また、主要メディア(テレビ、新聞、通信社、ラジオ、雑誌、インターネット)や記者クラブの住所/電話番号、また発行部数/発行日を網羅したメディアデータも収めているので、メディア研究やメディア訪問に便利な“PRパーソン必見アプリ”です。(※)PR TIMES調べ2014年1月6日現在

iTunes: https://itunes.apple.com/us/app/pr-calendar/id765202413
Android play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.prcalendar.android.prcalendar
アプリ紹介HP: http://prcalendar.jp/


商品やサービスのマーケティングやPR活動において、生活者が商品やサービスが持つ便益や利便性を理解・納得しやすいコミュニケーションを取ることが大切であると同時に、商品やサービス本位でのマーケティングやPRではなく、生活者の日常生活における興味・関心事と寄り添うことができるメッセージやコンセプトを作ることで、生活者との“接点づくり“をすることが重要です。PR TIMESは「今日は何の日」や記念日をマーケティングやPR活動に活用することで、生活者と話題を共有しやすい“接点”を作ることができると考え、毎日の「今日は何の日」や記念日を簡単に調べられるアプリ「PRカレンダー」を制作しました。なお、PR TIMESが事業会社や代理店で広報/PRに携わっている人を対象にしたインターネット調査を実施したところ、日常的にメディアプロモーションを行っている52人の広報/PRパーソンのうち、約2人に1人が「今日は何の日」を調べた経験があると回答しました。
■「PRカレンダー」コンテンツ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング