藤井リナがViViモデル卒業宣言! 「ViVi Night in TOKYO 2014 ~GIRLS' DREAM」開催

PR TIMES / 2014年4月24日 14時3分



4月23日(水)、『ViVi』(講談社)主催のガールズイベント「ViVi Night in TOKYO 2014 ~GIRLS' DREAM」が東京・Zepp DiverCity TOKYOで開催されました。

ドレスコードの“ピンク”を身にまとった女性読者1900名が詰めかけた本イベントは、ファッションショーあり、アーティストのスペシャルステージあり、映画『好きっていいなよ。』に主演する福士蒼汰さんたちの登場で大歓声が巻き起こったサプライズステージもありと盛りだくさんの内容となりましたが、今回はこれまでになかった「ある出来事」で、会場は一時騒然となりました。

藤井リナのViVi卒業宣言──。

2004年1月号ではじめてViViに登場してから、10年。カリスマ的な存在感で読者を魅了し続けてきた彼女がこの日、さらなるステージを目指すためにViViモデルの卒業を宣言しました。

「藤井リナはViViを卒業します」

グランドフィナーレでの発表で、はじめてリナの卒業を知ったモデル仲間やファンたち。会場は、驚きの声、淋しさから来る悲しみの声、次へのステップアップを応援する声……リナを想うさまざまな言葉や感情に包み込まれましたが、涙を目にためながら「これで終わりとか、寂しい感じじゃなく、もっと藤井リナもViViも進化していくよ、というプラスの方向にとらえて、リナのこともViViモデルたちみんなのことも応援してほしいなと思っています。今まで10年以上、ありがとうございました。これからもViViと藤井リナをよろしくお願いいたします」とリナが話すと、会場を埋めた1900名が拍手で力強く後押しをしました。
今までにも多くの興奮と感動が生まれた「ViVi Night」ですが、はじまって以来「最大級の一体感」を皆で感じた日ともなりました。リナはこのあと『ViVi』9月号(7月23日発売)で卒業。詳しくは5月23日発売の『ViVi』7月号で発表されます。

MCにパンサーの向井慧さんと菅良太郎さんを起用した今回のイベントは、オリジナルファッションショーで華々しく開幕。コンセプトが「GIRLS' DREAM」ということで、ViViモデルたちは、少女の頃に思い描いていた「将来の夢」の姿になって登場! 藤井リナはスーパーモデル、大石参月は海賊、玉城ティナはアイドル、八木アリサは宇宙人、宮城舞はバレリーナ、河北麻友子はオスカー女優、有末麻祐子はスポーツ選手、マギーはキャビンアテンダント、佐久間由衣と立花恵理はアニメヒロイン、エリーローズはキャバレーダンサー、そしてトリンドル玲奈はお花屋さんと、それぞれの世界観を表現した映像の前でゴージャスな衣装に身を包み、その存在感をひときわ大きく輝かせました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング