2015年度の新卒採用担当者1,000名への実態調査 【6月1日状況】企業の8割が「採用活動を継続中」、6割が「9月以降も行う予定」

PR TIMES / 2014年7月2日 14時15分

就活生の保護者から「直接問い合わせあり」が企業の約半数

企業の採用活動を支援するサイト「JOBRASS新卒」を運営する株式会社アイデム(本社:新宿区新宿/代表取締役社長:椛山 亮)の人と仕事研究所 http://apj.aidem.co.jp/ では、2015年度の新卒採用活動を行う企業担当者を対象に調査を実施しました。この度、その調査結果をまとめましたので、一部抜粋してお知らせします。





◆ 調査結果概要
≪企業の採用活動における現在の状況≫
・企業の8割が「採用活動を継続中」
・採用活動を継続する企業の6割が「9月以降も行う予定」
・企業の3割が「採用予定人数が増えた」

≪経団連の「採用選考に関する指針」の影響≫
・企業の6割が“採用活動後ろ倒しの指針”を「守る」
・企業の2割弱が「良い影響がある」

≪インターンシップの実施状況≫
・1,000人以上の従業員規模の企業5割弱がインターンシップを導入
・インターシップの目的は「学生への自社の認知や応募者増加のための広報活動」が約半数

≪保護者の就職活動への関与度≫
・企業の約半数が「保護者から直接問い合わせあり」

◆ 調査概要
調査対象: 2015年度の新卒採用活動を行っている企業の新卒採用業務担当者
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2014年6月2日~6日
有効回答: 1,000名

◆ 調査・分析担当者のコメント
<アイデム人と仕事研究所 古橋 孝美>
2015年度新卒採用活動においては、従業員規模にかかわらず8割前後の企業が活動を継続していました。応募者数・内定者数やその質に満足している企業は半分にも満たず、「内定者0人」の中小企業も存在しています。また、従業員規模の大きい企業ほど予算も高く、多彩な採用手法を取り入れていました。その影響もあってか、採用活動の満足度も高くなっており、人員・予算を割けない中小企業が採用活動で苦戦している様子もうかがえます。※調査全文参照
2016年度の新卒採用活動から広報・選考活動時期が後ろ倒しになることについては、「採用選考に関する指針」を守るとする企業が6割に上りました。とは言え、「わからない」とする企業も1/4あり、現段階で対応を決めかねている企業も少なくないようです。


企業の採用活動における現在の状況

◆ 企業の8割が「採用活動を継続中」

企業に、2015年度の新卒採用活動の継続状況について聞いた。2014年6月1日現在で、採用活動を「継続して行っている」企業は80.1%、「すでに終了している」企業は19.9%だった。従業員規模別に見ると、「現在も継続して行っている」企業は、従業員規模「29人以下」の企業では80.5%、「30~99人」85.0%、「100~299人」83.4%、「300~999人」77.9%、「1,000人以上」77.0%となり、企業規模によって若干の差が生じている。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング