【報道参考資料】フィリピン 台風22号(ハグピート)が上陸 ユニセフ、飲料水・衛生キットをサマール州に輸送

PR TIMES / 2014年12月8日 13時45分

さらなる被害に備え、緊急支援体制 続く



※本信はユニセフ本部およびフィリピン事務所が配信した情報を元に日本ユニセフ協会
広報室が翻訳・独自に編集したものです。
※現地の写真や素材をご入用の方は、日本ユニセフ協会広報室までご連絡ください。


【2014年12月7日 タクロバン発】

6日夜に東サマール州のドロレスとオラスに上陸した大型台風22号(英語名:ハグピート/
フィリピン名:ルビー)は、暴風と大雨を伴いながら、かなり遅い速度でフィリピン
中部を横断しています。台風通過に伴い、各地で土砂崩れなどのリスクが高まるなか、
ユニセフは被害が出ている地域、これから被害が予想される地域に住む子どもたちや
その家族の支援に、最大限の力を注いでいます。

大型台風「ハイエン」が沿岸部の多くの町や村に壊滅的な被害をもたらしたのは、僅か
13カ月前。そのときの経験と教訓を生かし、 ユニセフは、中央政府や地元自治体、他の
国連機関やNGO団体などとの協力の下、台風22号が上陸する前から、少なくとも1万世帯分
の緊急支援物資を用意するなど、準備を整えてきました。


台風22号の被害に対する、ユニセフの支援体制は以下の通りです。
・フィリピン保健省第8地域事務所からの要請に基づき、ユニセフは予め用意していた
緊急支援物資を、これまでに最も被害を受けているビサヤ地方東サマール州のドロレス
とオラスに向けて輸送しました。支援物資には、飲料水キットや衛生キット、医療機器
の動力となる発電機、貯水・浄水機器とともに、脱水症状を防止するための経口補水塩
なども含まれます。


・台風「ハイエン」被災地支援活動のためタクロバンに設置されたユニセフの現地事務所
は、地元自治体と協力し、サマール州の被害を受けた地域に支援物資を届けています。

・不衛生な衛生環境や汚れた水は、子どもたちの健康に直接的な影響を及ぼします。
ユニセフは水インフラの復旧を重要視しています。

・ユニセフはタクロバン、マニラ、コタバトに支援物資を保管する倉庫を有しています。
支援物資には、水と衛生キット(飲料水キットや衛生キット、給水ポンプ、発電機、
貯水器、浄水機器)や医薬品、栄養不良を予防するための栄養補助食品、経口補水塩、
避難所/テント用のビニールシート、テント、教材などの学習用品セットが含まれます。

今後ハグピートは、フィリピンを数日間かけて横断すると見られており、8日にはマニラ
南部を通過するとみられています。その地域には活火山があることから、土砂災害の
危険性が懸念されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング